« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »

2009J2#9 札幌4-1C大阪@札幌ドーム

 攻守に渡る素早い切り替えとサポート。やりたいことは、大方できていた。点差があったからかもしれないが、終盤も守り一辺倒になることなく、ゴールを奪いにいったことも良かった。もちろん、相手の守備があまりに緩く、簡単にビルドアップさせてもらえたり、セットプレーでフリーの選手が続出したりした点については幸運だったが、それを生かすのもチームの力。チームとして何をするのか、ということを選手たちが明確につかんで、表現できだしたところでの連勝は精神的にも大きい。
 立ち上がりこそ人と人の間にポジションを取ってボールを受ける香川や乾へのプレッシャーが甘く、簡単に前を向かせてそれが失点にもつながったが、途中からはサイドバックが上がりを抑えて最終ラインの枚数を確保することで確実に数的優位をつくって自由を与えず、セカンドボールにアタックすることもできていた。それでも何度か彼らに決定機をつくられたが、それは彼らの技術の高さ故で、ある程度覚悟しておかなければならないものだろう。重要なのはそれでも諦めずについていって、好きにはさせなかったことだ。その点ではソンファンと吉弘の集中力の高さは特筆すべきものだった。
 このゲームではいい時間帯に得点できたことも相まって割に楽に主導権を握らせてもらえたが、ここまでの相手を見る限り、長所を消し、弱点を狙ってくるチームが大半だ。ハイパフォーマンスを見せたダニルソンが、またボールを持てば狙われるであろう次節以降も同様にできるのか、キリノが不在でも前線がボールを引き出せるのか、など不確定な要素はまだ多い。決めるべきところを決められない場面もかなりあった。毎回こんなにうまくいくはずもない。チームとして、修正すべきところは修正していかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »