« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »

2009J2#8 草津1-2札幌@正田醤油スタジアム

 前半は、悪くなかった。キリノが裏へ動き出すことで、これまではポストを入れることでノッキングを起こしていた攻撃がダイレクトプレー中心になり、いい形のポジティヴ・トランジションが実現できていた。そこにクライトンや上里が絡み、藤田や岡本も斜めに動いてスペースに飛び込むことで厚みのある攻めもできた。得点こそPKによるものだったが、そこに至るまでのクオリティを見れば、いずれにせよ得点は時間の問題だったはずだ。
 それが後半になって過去何試合かのようになったのは、珍妙な交代策のせいだ。なぜ悪くはなかった岡本を下げ、キリノをサイドに移してまで宮澤をトップに投入する必要があったのか。おかげでノッキングが復活し、しかも問題の11番は例によって簡単につぶれ、ボールも追いかけない。前半、自分のいないチームがいい流れでプレーしていたことについてベンチで何も考えていなかったとしか思えない。
 監督にしてみれば、期待している選手をいい流れの中でプレーさせたかったのかもしれないが、明らかに迷っているし、そもそも自分が何をすべきか理解していない(あるいは表現する力がない)選手を使ってもチームにとって害にしかならない。驚くべきことに本人は「タスクを遂行した」と思っているようだが、最終盤の苦しい時にもジョグでしか走らないし、意味不明なワンタッチプレーで相手にボールをプレゼントし続けたことを見れば、この8試合でチームメートの信頼はゼロを通り越してマイナスにまで落ちたに違いない。その証拠に、あれだけキリノに集まっていたボールが、彼が入った途端にサイドにばかり行くようになったではないか。将来性はともかく、現状の彼を使うことはリスク以外の何物でもない。フットボールには、テクニックよりもはるかに重要なことがある、というところから考え方を改めなければならないだろう。
 守備ではネガティヴ・トランジションの意識は高く、数的優位をつくることはできていたが、相手の技術がこちらの守備力を上回っており、そこを突破されたことでバイタルエリアにフリーの選手が複数いる事態が何度も起きた。フィニッシュワークのレベルが低かったことと、ソンファンの素晴らしいカバーリングのおかげで事なきを得たが、ボールサイドにいない選手が絞ったり戻ったりする判断を高めていかないと、同じようなことはこれからも起き得る。また、熊本戦でもそうだったように、クサビに全員の注意が向いてしまって2列目の飛び出しに対応できないシーンも目立った。これも同様に戻る、絞るの判断スピードとポジショニングが重要になってくる部分だ。ほかにも特に前半はプレスを避けたロングボールに対応できず、何度も都倉に起点ををつくられていた。ダニルソンの判断が遅くてボールロストがやたらと多いのも相変わらずだし、ディフェンスについては最後まで集中を切らさなかったこと以外は課題山積、の感があった。
 それでも、ある程度何をすればいいか、という道筋が見えたゲームで結果が出たことは、特に精神面でいい影響があるはずだ。良かったところはより良く、悪かったところは少しでも改善できるよう、日々臨んでいかなくてはならない。ベンチも、見えもしない将来にかけるより目先の勝利に貪欲になるべきだ。わざわざ流れをくれてやるような策は、このゲームで最後にしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009J2#7 札幌1-1富山@札幌ドーム

 確かに、「勝ちたい」という気持ちは見えた。ただ、それは混乱と焦りに形を変えていた。後半のプレーぶりを見れば明らかだ。意味もなく蹴るだけで相手にお付き合いし、マイボールをチャンスにつなげようとすらしない。挙げ句の果てに勝手に下がって攻め手のない相手にチャンスをプレゼントする。余裕のあるゲームのはずなのに、クリアミスを繰り返した挙げ句の致命的な空振りとあっては、心の弱さを強く指摘されたところで反論の余地はあるまい。
 もちろん、それは攻撃にも現れていた。失敗を恐れてばかりで、トップが動き出すのを見ないふりでもしているかのように何の可能性もないロングボールやバックパスでお茶を濁すばかり。90分を通して、自分たちが意図してつくりだした決定機はゼロ。これで勝とうなんて虫が良すぎる。
 特に宮澤は、自分が基点として位置づけられていることに対する自覚が全くないテイタラクで、ボールが入っても「ペシャ」とか「ヘニャ」とか擬音をつけたくなるような倒れぶりで何の役にも立たないばかりか、味方がサイドで持っている時に、ニアに飛び込まずにボールをもらいに行く有様。こんなのを終了間際まで引っ張るのはチーム全体のモラールを考えても疑問が残る。キリノが積極的にプレーしていただけに、余計に情けなさが際立った。この調子なら、いくらでもチャンスを与えられて、いくらでもこの試合のようなプレーを繰り返すのだろう。現状は、本人が期待に甘えているようにしか見えない。それはこのチームが代々繰り返してきたことのコピーに他ならない。特定の選手を甘やかすことが何を招くのか、監督が知らないとも思えないのだが。
 甘えと慢心の繰り返しということなら、他の選手も同じだ。内容にかかわらず拍手されればそれに甘え、ブーイングされれば下を向く。その繰り返しで、何の進歩も見られない。試合内容がそれを物語っている。サポーターの反応が前向きな内容、結果につながらないのであれば、観客など必要あるまい。自分たちがどれだけ恵まれているか肝に銘じ、何をすべきかを自分の頭で考えて、日々の練習やゲームに臨まなくてはならない。結果が出なくても、それは必ず観客には伝わるものだ。ここ最近のように、それができない状態が続くのなら、路頭に迷うだけ。それがプロというものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »