« 2009シーズン総括(GK編) | トップページ | 2009シーズン総括(MF編) »

2009シーズン総括(DF編)

総評:チームコンセプトに則って前でプレーしよう、という気持ちは随所に見えたが、周囲とのリレーションシップがない状態でそれに挑むのはただスペースをプレゼントするだけの自殺行為。逆にFWや中盤がプレスに行っているのにラインが下がったまま、という場面も多く、前を動かして守備をコントロールするだけの状況判断やコーチングに問題を抱えていることは明らかだった。常にサイドバックの1枚が「素人」だったのも難しくなった原因だが、こればかりは選手の責任ではない。また、受け手の動きが少なかったにせよ、全般に横パスばかりが多く、ビルドアップへの意識が低すぎたことも改善しなければならない。

#2 吉弘 充志
 戦っていたし、高い位置で積極的につぶせてもいた。集中を切らすことも少なく、よく頑張ったのだが、同タイプのソンファンとは噛み合いが悪く、コミュニケーションにも難があったようで特にカウンターに対して脆かった。石川とは特に問題はなかったし、使い方の問題か。また、足元への自信のなさがボールを持ったときの態度に表れており、「パス」を配給したのは数えるほど。ダイナミックなサイドチェンジを繰り出すことなど誰も期待していないが、出場機会を安定させるためにも、最低限のつなぎは身につけてほしい。

#6 西嶋 弘之
 「サイドバック兼第3のCB」といった役回りを左でも右でもそつなくこなし、インテリジェンスの高さを見せた。彼のカバーに救われたことも少なくないが、例年に比べるとやや集中を欠いたプレーが多かった。SBとしては横パスばかりではなく、クサビを入れるなど、もっとビルドアップに関与してほしいし、出たときのバリエーションや精度にも物足りなさを感じた。元々キックも悪くないし、周りも見えているのだからもっと高いものを要求していいはずだ。

#15 チョウ ソンファン
 最初こそ素晴らしかったが、点差の開いたゲームで集中を欠いたプレーが現れだし、ついには試合に出るごとにミスを犯す始末。前に出るのはいいが、状況を考えていないことが多いのでギャップを量産し、さらにそこで軽いプレーを繰り返して後ろの選手を恐慌に陥れ続けた。結局は強さ、速さといった能力の片鱗を示したにすぎない。こんなプレーが続くのならレギュラーの座は覚束なくなる。今季は環境の変化などエクスキューズもあったろうが、来季も残るのならそれは通用しない。自分から合わせていくことも必要だ。

#23 岩沼 俊介
 1対1でも絞ってのカバーでも問題なかったし、鋭いクサビや正確なクロスなど攻撃面でも能力を発揮した。今季、出場したゲームに関してネガティヴな要素はほとんどない。当然、レギュラークラスとして来季に臨むことになろうが、そこで出てくるはずの様々なトラブルや課題にどう向き合って解決するか。試合に出るために乗り越えなければならなかった壁に比べれば、なんてことはないはずだ。

#29 石川 直樹
 能力的に何が傑出している、というわけではないが、当たり前のことを当たり前にできる、というこれまでチームにはなかった要素を最終ラインに加えて安定を導いた。リーダーシップも持ち合わせているし、来季も彼が中心としてやっていくことになるだろう。今季はわずかしか見られなかったが、正確な左足の持ち主でもあるし、縦パスやサイドチェンジなど積極的なビルドアップも期待したい。

|

« 2009シーズン総括(GK編) | トップページ | 2009シーズン総括(MF編) »

Consadole2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/47025293

この記事へのトラックバック一覧です: 2009シーズン総括(DF編):

« 2009シーズン総括(GK編) | トップページ | 2009シーズン総括(MF編) »