« 2009シーズン総括(MF編) | トップページ | 東アジアサッカー選手権2010決勝大会 日本1-3韓国@国立競技場 »

2009シーズン総括(FW編)

総評:1トップなのにサポートは薄い、ハイボールばかり飛んでくる、といった状況が長く続いたことには同情するほかないが、それを主体的に打開しようとした形跡が見られなかったこともまた事実。中盤に降りて誰かを押し出すなり、裏に走ってボールを引き出すなり、できること、要求できることはあったはずだ。どうラストパスを受けるのか、という部分でも、周囲と同じタイミングでボックスに入って口を開けて待っているだけではパスは引き出せない。味方の動きを見ながら、どう動けば相手を外せるのか、などの思考を巡らせた様子は見えなかった。トップだけの責任ではなく、チームとしてフィニッシュの引き出しを増やすためにしなければならないことは山ほどある。

#13 中山 元気
 愛すべきヘタクソ―。最後の最後まで、彼は彼のままだった。献身的なチームプレーヤーであり続けると同時に、それ以上のことができるようにもならなかった。そのプレースタイルが中途半端に評価されていたことで、それに甘んじていた部分もあったのではないか。得点にもフィニッシュにも絡めないFWが価値を認めてもらうことは難しい。チェイシングではなくゴール前に飛び込むことで相手に脅威を与える存在になるために、このチームを離れることを転機にしてほしい。

#19 キリノ
 本質的に触って飛び出すことでリズムをつくるプレーヤーであることを考えれば、サポートもないのに「収まらない」などと非難を受けるのは不当なことだ。彼はドログバでもイブラヒモヴィッチでもない。実際、ハファエルがいる時にきちんとした縦パスが入れば、彼とのコンビネーションで決定機を生むことができていた。他の選手が彼の近くでプレーしようとせず、裏を狙える状況でもそういった配球がなされなかったことを考えれば、この結果を残したことは彼の能力の高さを示したものだ、と考えられなくもない。ただ、簡単なシュートを外す場面も目立った。ポストプレーもそうだし、技術的に改善すべき点はまだある。

#26 上原 慎也
 速いのか、高いのか。何をしたいのか、何ができるのかは最後まで判然としなかった。チームの中で自分の特長をどう生かせるのかがまだ整理できていない印象で、ただがむしゃらにやっているだけにも見えた。それでも結果を残しているのは、点を取れる何かを持っている、ということだろう。それを自覚して武器として使えるようになれば、飛躍の時を迎えられるのではないか。

※出場機会の少ない選手は割愛した。

|

« 2009シーズン総括(MF編) | トップページ | 東アジアサッカー選手権2010決勝大会 日本1-3韓国@国立競技場 »

Consadole2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/47041108

この記事へのトラックバック一覧です: 2009シーズン総括(FW編):

« 2009シーズン総括(MF編) | トップページ | 東アジアサッカー選手権2010決勝大会 日本1-3韓国@国立競技場 »