« 2009J2#40 札幌1-0福岡@室蘭市入江運動公園陸上競技場 | トップページ | 2009J2#42 札幌2-0湘南@厚別競技場 »

2009J2#41 岡山0-1札幌@桃太郎スタジアム

 ボールを動かすのは多少速くなったが、そこに人数を使い過ぎてキリノが独りになり、彼に入れた時には周りを囲まれていてフィニッシュに至らないのは相変わらず。同じことを何試合も繰り返しているのだから、いい加減キリノをボール回しに参加させて他の選手が飛び出すなり、彼の動き出しを生かすような配球をするなり考えなくてはならない。
 それでも、前半はボールを動かそうとしていただけまだマシだった。後半に入ると、出てきた相手をまともに受けてラインが下がり、跳ね返すだけになる、まるで昨シーズンのようなプレーに終始することになってしまった。攻めてくるのは分かりきったことで、それに対応できないようではやはり、インテリジェンスが足りない、と言わざるを得ない。こういう時こそボールを大事にして、時間を使うようなプレーが求められるはずで、やっていることがまったく逆だ。
 また、前半からダニルソンほどサイドに動くスピードのない(動く気もない)芳賀の両脇は狙われていた。勝っているのだから、誰かがそこをカバーに行っても良さそうなものだが、ダニルソンがいる時と同じ動き方に終始するばかりで、交代で修正されるまで中盤には穴があいたまま。アタッキング・サードでミスを繰り返した相手に救われただけだ。言われなければ何もしないのでは、ただの操り人形ではないか。
 内容と結果の両立を標榜する以上、こんなゲームで喜ぶわけにはいかない。最終ラインも、理解不能なマークミスを犯したり、相手のトップを見てすらいなかったりで仕事を果たしたとは言いかねる。このレベルで「頑張った」だの「体を張った」なんて台詞は要らない。いつまでも未熟さをエクスキューズにし続けるわけにはいかない。まずは自分のタスクを完遂すること。さらに正しい状況判断をして、自分たちでゲームをコントロールできるようにならなくてはならない。現状を鑑みれば遥か遠い道のりだが、意識を高く持って、一歩一歩やっていくしかない。それを怠れば、どこまでも堕ちていくばかりだ。

|

« 2009J2#40 札幌1-0福岡@室蘭市入江運動公園陸上競技場 | トップページ | 2009J2#42 札幌2-0湘南@厚別競技場 »

Consadole2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/46295016

この記事へのトラックバック一覧です: 2009J2#41 岡山0-1札幌@桃太郎スタジアム:

« 2009J2#40 札幌1-0福岡@室蘭市入江運動公園陸上競技場 | トップページ | 2009J2#42 札幌2-0湘南@厚別競技場 »