« 2009J2#31 C大阪3-0札幌@長居スタジアム | トップページ | 2009J2#33 東京V1-2札幌@味の素スタジアム »

2009J2#32 札幌3-0福岡@厚別競技場

 前半は上々の出来だった。シンプルなサイド展開でボールを運び、深い位置ではいい距離、タイミングのサポートとランがあったことで素早くボールを動かし、またスペースを突く。そこに古田がドリブルやトリッキーなプレーで変化を与え、オーバーラップが厚みを加える。何度となく崩す形を作れていたし、2点とも偶然や幸運ではなく、必然だったといえる。
 古田は、1試合とちょっとで自らがレギュラーの器であることを証明した。全く臆する様子がないし、豊富なアイディアをけれん味なく発揮できている。技術的にはともかく、守備の動きも大きな問題はない。フィジカルも順調に成長しているようだし、壁に当たるまでは出場機会を与え続けるべきだ。対照的に、スランプ気味なのがキリノ。凡ミスを繰り返した上、ボックス内では消極的なプレーに終始し、味方のチャンスも潰す始末。勤勉さは評価できるが、そう複雑なタスクを負っているわけでもないのに混乱しているようでは助っ人の用をなさない。前々節のゴールも起爆剤にはならなかったようだし、軽率なプレーも増えてきている。頭を冷やさせる必要があるかもしれない。
 守備では、相手が組み立ててくる時はよくプレッシャーをかけてパスコースも切っており、全く問題なかったが、カウンターを受けた時の戻りが遅かったり、セットプレーで最も警戒すべき大久保を何回かフリーにするなど、不安定な場面が見られた。どちらもこのゲームに始まったことではないし、いい加減、意識を変えなくてはならない。
 後半はまるで別のチーム。疲労は考慮すべきではあるが、それにしても足が動いていないし、寄せも甘い。前の選手も軽いプレーで次から次へとボールを失って守備に負担をかけるばかりだったし、前半できていたことが全くできなくなっており、交代選手までパス&ゴーを怠って相手にボールを渡す有り様。まるで前節のビデオを見ているようで、上里のゴールがなければどうなっていたかわからない。連戦を考慮してペースコントロールをしていたとしたら大したものだが、放り込まれただけでバタつくようではそうも見えない。この気候条件で半分しか走れないようでは、日常のトレーニングに対する姿勢すら疑われる。入り方に集中を欠いたことで自らリズムを失ったようにも見えるし、心身ともにまだまだ足りない、ということだ。
 今シーズンは、ずっとこうだ。そろそろ学習しなければならないし、どうすればいい内容を長い時間持続できるようになるのかを、個人個人が考えていかなくてはならない。スコアで満足しているだけでは、その先には進めない。

|

« 2009J2#31 C大阪3-0札幌@長居スタジアム | トップページ | 2009J2#33 東京V1-2札幌@味の素スタジアム »

Consadole2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/45847369

この記事へのトラックバック一覧です: 2009J2#32 札幌3-0福岡@厚別競技場:

« 2009J2#31 C大阪3-0札幌@長居スタジアム | トップページ | 2009J2#33 東京V1-2札幌@味の素スタジアム »