« 2009J2#23 札幌1-1横浜FC@厚別競技場 | トップページ | 2009J2#25 札幌0-1水戸@札幌ドーム »

2009J2#24 仙台1-1札幌@宮城スタジアム

 やっと、戦う、集中するといったゲームをする上で当たり前にしなくてはならないことがある程度まで戻ってきた。結果こそ物足りないが、精神的には間違いなく次につながるだろうし、そうしないとまた無駄なゲームを過ごしただけ、ということになってしまう。
 暑さもあって、双方ともにハイプレッシャーをかけるようなことはせず、札幌は足元でつなぎながら、仙台はロングボール主体でプレーしたため、点の入りそうな雰囲気自体が少ないゲームになった。お互いのチャンスの数を見ても、このスコアは妥当なものだろう。
 ただ、札幌のベンチがミスを犯さなければ、こちらに勝ち点3が入っていたかもしれない。それは、まず3バックにしたこと。結局、失点もサイドで数的不利をつくられていいクロスを上げられ、中央でついていけなかったもの。攻めの気持ちを持たせるという意図はわからないでもないが、このコンディションでそれをすることが正しいとは思えない。それに、プレスをしないのなら人の配置である程度スペースを埋めておかなければならないのに、人数も中央に偏っていた。もう少し守りようがあったのではないか。また、持ち過ぎる上にボールロストを繰り返し、ちょっとしたコンタクトでバタバタ倒れて文句を言うなど、チームにとって害しか為さなかったクライトンを最後まで引っ張ったのも疑問。ここで有効なプレーがいくつかでも出ていれば、追加点も取れていただろうし、もっとスムーズな攻めができていたはずだ。彼が不在の間にしていた攻めの方がはるかに有効なのは明らかで、今後、クライトンにそれを納得させることができないのであれば、彼を外すべきだ。チームの将来にとって一外国人のやり方に従うのと、コンビネーションで攻めることのどちらが大事か、考えるまでもない。
 守備陣は集中はしていたが、立ち上がりに仙台がサイドバックを張り出させて間を空けようとしてきたのにまんまと引っかかり、何度か決定的なピンチを招いていた。もっと早く相手の意図を読み取り、ベンチに指示される前に対応を考えなければならない。このレベルなら集中力と闘争心(プラス相手のミス)で何とかなるが、もっと上に行きたければそういったことが必要になる。
 選手たちが、勝ちに飢えていないといえば嘘になるだろう。その気持ちを、次のゲームにぶつけなければならない。1週間後こそ、マストウィン·ゲームだ。

|

« 2009J2#23 札幌1-1横浜FC@厚別競技場 | トップページ | 2009J2#25 札幌0-1水戸@札幌ドーム »

Consadole2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/45468377

この記事へのトラックバック一覧です: 2009J2#24 仙台1-1札幌@宮城スタジアム:

« 2009J2#23 札幌1-1横浜FC@厚別競技場 | トップページ | 2009J2#25 札幌0-1水戸@札幌ドーム »