« 2009J2#10 横浜FC0-1札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | 2009J2#12 福岡0-0札幌@レベルファイブスタジアム »

2009J2#11 札幌3-2愛媛@札幌ドーム

 日曜日のゲームを受けて、当然コンディションが万全ではない中ではうまくゲームを運べたのではないか。立ち上がりから飛ばし、勢いがあるうちに先制したことが大きかったし、早い時間から足が止まりだしたことで無理をせずにボールを回して攻められる時に攻め切る形にした後半の点の取り方、時間帯ともに理想的。ゲームコントロールがうまくいっていただけに、クリーンシートならもっと良かったが、ここ数試合の最終ラインの集中力、それに伴う消耗度からすれば味方が3点取って集中を多少切らしたところで、強く責めることもあるまい。本人たちが一番わかっているはずだ。
 ただ、チーム全体として失点直後にうろたえて簡単に裏に通され過ぎたことは大いに反省しなければならない。簡単な引き算だ。「3引く1」は?「11引く10」は?―。どちらが優位かは、言うまでもない。相手の退場者のポジションを執拗に突くことを考えられるのなら、相手ボールの時にどうすべきか考えることも難しくはないはずだ。足が動かないのに無理に当たりに行ったところでスペースを与えるのが落ち。チームコンセプトに忠実なのも悪くはないが、状況を見てきっちりブロックをつくり、守りに入ることも必要だった。
 また、宮澤のプレーぶりは大きな収穫だった。コンタクトを受けないようなボールのもらい方から判断の速さ、サポートのタイミング、守備でのポジショニングまで急造のレベルではない。佇まいからしてトップにいるときとは別人のようで、背筋は伸びているし、常に視野を確保して状況を把握するさまは、彼は生来の司令塔であるのではないか、とすら感じさせた。中盤としてなら間違いなく即戦力だ。このポジションでの育成も視野に入れていくべきかもしれない。
 この連戦の中で、心身ともに最も厳しいであろうゲームで勝ち点3を得たことはポジティヴに捉えていいだろう。ただ、出場停止だった選手が戻ってくることが必ずしもチームにとってプラスばかりとも限らない。この日のキリノのように流れに乗り切れない選手もいるし、メンバーが揃うことで逆にチームに緩みが出ることも考えられる。そういったことが起きないよう、とりあえずあと6日間、走り切ってほしい。

|

« 2009J2#10 横浜FC0-1札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | 2009J2#12 福岡0-0札幌@レベルファイブスタジアム »

Consadole2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/44837879

この記事へのトラックバック一覧です: 2009J2#11 札幌3-2愛媛@札幌ドーム:

« 2009J2#10 横浜FC0-1札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | 2009J2#12 福岡0-0札幌@レベルファイブスタジアム »