« 2009J2#1 札幌0-1仙台@札幌ドーム | トップページ | 2009J2#3 甲府2-1札幌@小瀬スポーツ公園陸上競技場 »

2009J2#2 鳥栖1-2札幌@ベストアメニティスタジアム

 前半は、前節と同様にビルドアップ時のチャレンジが不足しており、低い位置でボールを持った時にトップも顔を出さないし、ボールホルダーの判断も遅い。それでクライトンばかり頼りにするものだから、彼が常にダブルマークにさらされて仕事ができない状況を多くつくってしまった。その結果、鳥栖の出足の早いプレスの餌食になり、かなり危ないボールの取られ方をしていた。ただ、ボールを失ってからの切り替えの早さが徹底されていて、失ったすぐ近くで札幌の守備者が数的優位をつくることが大半の場面でできており、相手に十分な態勢で次のプレーに移ることをさせなかったことで両CBや西嶋がポジションを取り直して対応することができていた。
 それでも、前半の終盤は相手がプレッシャーを嫌って長いボールで廣瀬をDFの間に走り込ませてきたことへの対応が遅れ、かなり長い時間押し込まれることになった。ボールを奪っても、昨季のようにのべつ幕なしに蹴っているわけではないにせよ、焦りからかどうしても精度が落ち、またカウンターを食らう悪循環。それでも守ることについては最終ラインは落ち着いており、この時間帯を凌ぎきったことが勝利につながった、ともいえる。
 後半はやっと足りないことに気付いた(気付かされた?)ようで、多少背負っていてもトップに縦パスを入れていくことでリズムがつかめた。ただ、それで点が取れないとまた焦りが出てきたのか、今度はパスが雑になり、流れを寸断してしまう。それでも、チャレンジを続けたことが得点につながったし、直後に同点にされても、またすぐ圧力をかけて前に出よう、という姿勢を貫き、実際に取れたことは、メンタリティの正反対への方向への変化がポジティヴなものであることを選手が実感できた、という意味でも大きい。1人だけ横や後ろしか向かない臆病な交代選手がいたが、彼もチームとして結果が出たことで今度からは前向きにプレーできるようになるだろう。
 攻撃については、崩し方にも精度にも改善の余地が相当にある。ただ、この2試合のように切り替えの早いディフェンスができていれば失点は計算できるし、勝ち点は拾っていけるはずだ。ともかく、この段階で難しい相手とのアウェイゲームで結果を出したことが最大の収穫だ。しかも、取ってすぐ取られて、ロスタイムに新キャプテンのアシストで、結果が出せていなかったストライカーが取った、という、シナリオでもあったかのような勝ち方は、まだ厳しい日程が控えているチームに必ず勢いをもたらすはずだ。

|

« 2009J2#1 札幌0-1仙台@札幌ドーム | トップページ | 2009J2#3 甲府2-1札幌@小瀬スポーツ公園陸上競技場 »

Consadole2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/44360194

この記事へのトラックバック一覧です: 2009J2#2 鳥栖1-2札幌@ベストアメニティスタジアム:

« 2009J2#1 札幌0-1仙台@札幌ドーム | トップページ | 2009J2#3 甲府2-1札幌@小瀬スポーツ公園陸上競技場 »