« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008J1#25 札幌2-3千葉@厚別競技場

 「勝つしかない」「何とかしなければ」-。札幌の選手が口々に発した言葉、どうやら「ブラジル人が」という主語が省略されたものだったようだ。一部の選手を除けば、日本人は最初から最後まで相変わらず無為に蹴るだけで前線のサポートにも行かず、それならきっちり守るのかといえば、ルーズボールに寄せるわけでもなく集中を欠いたミスを連発する。「ボールは奪うものではなく、眺めるもの」と言わんばかりの無責任ぶりも健在とあっては、そう解釈するほかない。
 また、箕輪が退場になってマーカスが入るまでの時間帯は最終ラインのサイドを誰もカバーしようとせず、好き放題そのスペースを使われる始末。いかにこの連中が何も考えていないか、指示されないと何もできないかを端的に示しているシーンで、失笑するほかなかった。
 相手も何もしておらず、鏡に映したかのように下らないミスを繰り返したため、数的不利を感じさせない、競ったスコアになったが、実際は何ひとつ見るべきもののない、カネを払う価値のない代物だった。こんなのを延々と見せられ続けた観客こそ、最大の被害者だ。
 もはや、これは「チーム」ではない。最後までリスク回避ばかり考えている監督、プレーする気のない選手、すべきことをしないフロント…。見るからに向いている方向がバラバラで、彼らはフットボールを冒涜しているだけではないか。どうせ結果も見えていることだし、解散して棄権すべきかもしれない。現在も将来も見えない、こんなモノをあと9試合も見せられるのかと思うと、絶望感しかわいてこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008J1#24 清水3-1札幌@日本平スタジアム

 ボールに対して前向きにプレーしようとしない連中に対して、何を言えばいいというのか。もう、彼らは諦めたのだろう。ただ、彼らは来年の職が保障されていると思わない方がいい。これだけお話にならないプレーを重ねて、まだフットボールをプレーする機会を与えられる、と考えるのは虫が良すぎるというものだ。だいたい、30分も残っているところで気持ちが切れるような連中に何かを求める方が間違っている、ともいえる。 
 目の前の相手が危険な形でボールを持っていても人に当たらせようとする。何も考えていないからこそ、こんなあり得ないシーンが続出するのだ。ゾーンを守っていればいい、と思うのなら、一生ゾーンを墨守していればいい。手前の職がなくなるだけだ。プレーする気がない者は要らない。来年はJ2でプレーすることになるだろうが、それでも自分で考えないで、言われたことを守っていれば事足れり、というのなら、とっととこの職を辞するべきだ。それがどんなところでも大声を上げてくれるサポーターに対する礼儀というものだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »