« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008J1#23 札幌3-3G大阪@厚別競技場

 点を取りにいくのは大いに結構だが、守備をしなくていいわけではない。特に前半は、双方ともにボールにプレッシャーをかけることができず、ノーガードの殴り合い。札幌側から見れば遠藤やルーカスが受けたときに遠巻きにして当たりに行かないため、彼らに簡単に前を向かれて突破やパスを許す。ゾーンディフェンスだろうが何だろうが、危ない選手を潰しにいかなければならないのは一緒。結果的にそこからの失点ではなかったにせよ、基本は徹底されていなければならない。後半には修正されていたが、指示されなければできないのでは話にならない。挙げ句の果てに、失点は高木や最終ラインの集中を欠いた、というほかないミス絡みばかり。それ以外にも西嶋や坪内はコーチングが耳に入っていなかったり、必要のないところでクリアしてみたり、わざわざピンチを招くようでは救いようがない。これでは後ろの選手のせいで勝ち点3を落とした、と言われても仕方ないだろう。
 攻撃面では、皆が前に出よう、という意識を持って攻撃のサポートにも精力的に動いたため、ここ最近では見ることのなかったセカンドボールを拾っての波状攻撃もあったし、ボールもこのチームにしてはよくつながっていた。相手が緩かったにせよ流れの中で3点取ったのだから、文句をつけるわけにはいくまい。特にクライトンのゴールは4-4-2を採用するチームが取り得る理想とも言えるもの。センターハーフの走り込みなくしてゴールはない、ということを証明してくれた。
 1人減ってから、(リードしていたこともあって)攻め手を失ったのは致し方ない。守るための交代をした以上、札幌の選手にそれ以上を求めるのは酷だ。そんな中でも上里は持ち味を発揮していた。彼のキープと正確なパスがなければ、もっとカウンターの脅威にさらされていたに違いない。これまでの扱いが不当であった、ということを証明できたのではないか。
 しかし、必要だったのは勝利。このゲームが10試合前なら前向きにもなれるが、もはや「いい試合だった」という台詞は通用しないところにきている。どれだけ、選手が「勝つしかない」という意識を強く持ってゲームに集中し、戦っていけるか。守備のチームの守備者が適当なプレーを繰り返すようでは、光は見えてこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008J1#22 横浜M1-0札幌@ニッパツ三ツ沢球技場

 勝たなければいけないゲームで、負けていても、ボールもゴールも取りに行かず、交代もセットプレー狙い。これが、我々のやり方なのか。本当に、ベンチも選手もそれで勝てると思っているのか。本当にそう思っているのなら、とっとと荷物をまとめて田舎に帰るべきだ。そんな奴はフットボールに必要ない。「諦めたら終わり」というが、いの一番に諦めのメッセージを発しているのがピッチ上の選手とベンチではないか。
 これからも彼らが続けたいと心底思っているのなら、フットボールに対して、自らの姿勢を愧じ、悔い改めるべきだ。スポーツとして、すべて受身で何もしない、などということが許されるはずはない。それが嫌なら、即刻消え去り、二度と戻ってこないでほしい。こんな奴らに、大事なチームの命運を託さなければならないなんて、冗談じゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008J1#22 FC東京1-2東京V@国立競技場

*フットボールのゲームとしては、前半だけでおしまい。FCの切り替えの速さと、素早く数的優位をつくるディフェンスだけが目立った。裏返せばオフェンスは…ということ。誰も彼も足元でもらいたがり、ノッキングを起こすことの繰り返し。今野が上がってきた時に限ってフィニッシュに至っていたのは、彼だけがパス&ゴーを忠実に行っていたから。前半に限れば彼のプレーぶりは出色で、守備のみならずビルドアップ、オーバーラップ、ラストパスとこのポジションに求められる、ほとんどすべてのプレーをこなし、これなら世界中のクラブが欲しがるに違いない、と思わせるほど。

*もっとも、FCにしてみればこれだけ飛ばせば持たなくなるのは理の当然。足が止まった後半は何ひとつ見るべきものがなかった。どんなクラブであっても90分間飛ばし続けることができない以上、プレスにしてもビルドアップにしても緩急が必要、ということだ。

*もう片方のチームは、プレーすることなく前線のコンビネーションだけで何とかしよう、という形を最後まで続けたが、結局ゴールは相手のミスとディエゴの個人技から得たセットプレー。しかも失点は珍しく人数をかけて攻めてみたらカウンターを食って決められたもの。ゲームを通じて切り替えも遅いし、攻撃はディエゴに任せるか裏に蹴るだけ。勝ったとはいえ、戦術、戦略的には何も残らなかったゲームだろう。

*謎の交代。運動量が落ち、致命的なミスを繰り返したエメルソンを代えたのは当然だが、入ったのは浅利。梶山を前に上げて決定的な仕事を期待したのだろうが、肝心の彼が責任感のかけらもないプレーに終始してはどうしようもない。リスクばかりで何のメリットもないワンタッチプレーの連続で、緩急をつけて流れをコントロールしよう、とか、厳しい位置でフィニッシュに関与しよう、という気が見られなかった。キープも、ドリブルも、ラストパスもできるはずなのに、楽をしているだけ。普段、ポテンシャル自体が足りない選手を見慣れているだけに、こういうのを見ると無性に腹が立つ。

*しかも、この交代によってアンカーが今野から浅利に代わったことで明らかにビルドアップの質が低下し、今野の存在感すら消し去ってしまった。最後、足が動かなくなってカボレの馬力に賭けるしかなくなってしまった時間帯にも、交代枠が残っているのにベンチは動かずじまい。例えば、平山の高さとカボレの突破力をかみ合わせる、という発想はなかったのか。赤嶺や梶山の出来の酷さを見れば、交代を考えなかったこと自体が奇異に映る。余裕のあるチームの監督の発想は違うのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »