« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

2008J1#17 札幌0-0大分@厚別競技場

 勝てたかもしれないし、負けていてもおかしくない。幾分、札幌の方に得点機が多いようにも見えたが、それは勝負を左右するほどの差ではなかった。そう考えれば、満足はできないまでも納得はできる結果だろう。
 立ち上がりこそ互いに慎重でアクションを起こそうとしない、いわばミラーゲームだったが、次第に札幌がクライトンが引いたスペースに両サイドやダヴィが入り込んでボールを受けることで、リズムをつかむ。これは大分のアウトサイドの選手が受け渡さずにこちらのサイドハーフについてくる守り方をしていたことで、相手のサイドアタックを機能不全に陥らせる効果も生んでいた。プレーの多くが「クリア」ではなく意図の明確な「パス」だったことも、非常にいい傾向だ。さらに中途半端にボールを失うのではなく、何かしらの形でプレーを切ったことでディフェンスをセットすることができたため、ほとんど攻められることもなく長い時間を過ごすことができた。特に浅い時間帯は相手のセットプレーへの対応が甘かったので、勝機をつかむとすれば、ここだった。
 後半の半ばあたりからこちらの足が止まり、相手に自由なビルドアップを許しだしたのは彼我の日程を考えればいわば想定内。むしろ最終ラインがズルズル下がらず、深い位置でも最後までボールに圧力をかけ続け、ポジショニングミスをほとんど犯さなかったことをこそ評価すべきだろう。ただ、そんな中でも何回かあった、攻めに出るチャンスにプレーが雑になった点については大いに反省すべきだ。「ここを取れば勝てる」という本能的な部分が感じられないのは、このチームが代々抱える問題点。弱者の戦略を用いざるを得ない以上、そこはもっと研ぎ澄ませていく必要がある。
 こういったタイトなゲームを取り切れれば大きな自信となっただろうが、勝ち点を得たのだから悪くはない。経験の浅いチームにとっては血となり肉となるゲームだったといえよう。少なくとも、前節からのいい流れを切ってはいないはずだ。このゲームでも中山がハイパフォーマンスを見せたし、次につながる要素は数多く見えた。コンディション的には厳しいだろうが、次も期待していいのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008J1#16 千葉0-3札幌@フクダ電子アリーナ

 前半は、千葉がこちらのやりやすいようにやってくれた。前回の対戦でうまく行った、と思ったのか、ひたすらレイナウドに蹴ってくるだけ。これなら箕輪と西澤がはじき返すのみで、何も怖くない。そのセカンドボールへの対応も速かったし、相手の中盤が緩かったことはあったにせよ、ここ数試合にはなかったぐらい意図のあるパスが多く、ある程度形はつくれていた。
 後半に入ると、さすがに相手もビルドアップの意識が出てきたが、今度は縦に入れてくるボールに対して前で取ろう、という意識を高く持って素早くプレッシャーをかけ、次への展開を自由にさせない。仮につながっても、次の選手が確実に数的優位をつくり、執拗に絡んでディレイするなりボールを奪うなりできており、そこからの展開も前の選手のポジショニングや動き出しがあったことでスムーズだった。特筆すべきはその作業を前から後ろまで最後まで集中を切らさず続けたことで、特に中山は信じ難いほどの運動量で相手を追いかけ、ボールを奪い、前線で起点になる。マーカスが試合に入りきれていなかったのを補って余りある奮闘ぶりだった。
 このコンディションで、これだけ走って相手にいいプレーをほとんどさせなかったのだから文句はないが、それでも集中を欠いたミスがいくつかあり、その多くが決定機につながっていた。また、谷澤に持たれたときの対応が藤田も平岡もメチャクチャで、簡単に飛び込んでは抜かれてばかり。これも失点にならなかったことがラッキーだったと思うべきだ。つまり、同じミスをまだ繰り返しているし、相手のレベルが上がればそういった部分は確実に突いてくる。札幌の選手が犯している類の単純ミスは、集中力さえ保っていればいくらでも減らせるはずだ。勝ったからこそ、突き詰めるべきところは突き詰めていかなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »