« 2008シーズン総括(監督編) | トップページ | 2008シーズン総括(MF・FW編) »

2008シーズン総括(GK・DF編)

GK#1 佐藤優也
 高木の故障や乱調によって出場機会を得たが、違いを見せることはできなかった。反応の鋭さは相変わらずだったが、状況判断の拙さも相変わらずだった。良かったはずのキックも滅茶苦茶で、それでなくともボールをキープできないチームに逆風を吹かせただけ。課題は変わっていない。全てにおいて向上する必要がある。

GK#28 高木貴弘
 初のJ1ということもあったのか、昨季に見せた安定感は影も形もなくなっていた。守備が組織の体を為しておらず、危険な場面が多過ぎたことについては同情すべきだが、それでも判断が遅い場面が多かったし、それが原因で2度も退場になったことはいただけない。おそらく戻ることになるであろう大宮で、どれだけ教訓を生かせるかが、将来を決めることになるだろう。

DF#3 西澤淳二
 移籍して以来、さまざまな面で進歩し続けてきたが、いくら何でも身体能力を向上させるのは困難だし、その部分がもろに影響してしまった。できることはしていたが、相手のレベルがそれでは対応できないものだった。厳しい言い方になるが、能力の限界だった、ということか。

DF#5 池内友彦
 サイドバックとして出る機会が多かったが、昨季同様に行けるところでも自重する場面が多く、チームオーダーもあったとはいえ最後まで彼らしい思い切りの良さは見られずじまい。セットプレーでの存在感はさすがだったが…。守備でもポジショニングや相手への対応に難があり、自分のサイドを破られることが多かった。とはいえ、リーダーシップやプロ意識など、彼がチームに残したものは多い。持ち味を生かしてもらえるチームで、もう一花咲かせることを祈りたい。

DF#6 西嶋弘之
 チーム事情もあってあちこちで使い回され、どのポジションでも満足のいくプレーはできなかった。サイドではスピードに対応できず、中央では経験不足もあってポジショニングのミスからイージーミスまで、あらゆるミスを犯し続けた。ビルドアップの起点に、との期待もしていたが、チーム状態がそれどころではなかったためそれも果たせなかった。いくら頭のいい選手だといっても、レベルが上がったところでこれだけポジションが変われば対応するのは難しい。本人も、ある程度同じポジションでプレーすることを望んでいるだろう。ある意味、混乱を極めたチームの犠牲者だった、とも言える。

DF#19 坪内秀介
 チームがどんな状態でも、ファイトし続けた数少ない選手。ただ、攻守によく頑張ってはくれたが、いずれの精度も低かったのが残念。上がるタイミングなどはいいものを持っているだけに、足りない部分を向上させていけば、どのチームでも主力を張れるようになるはずだ。札幌には貴重な「熱さ」をピッチ内外で表現できる存在なだけに、金銭的な問題さえなければ残したかったが…。

DF#21 平岡康裕
 開幕当初は試合経験のなさを喧伝しているかのような挙動不審ぶりで、周囲から観客まですべてを不安に陥れていたが、何試合か出て、SBに移ると徐々に正確なフィードや攻撃力を生かせるようになり、安定感も増してきた。惜しむらくは故障が多過ぎたこと。能力の一端は見せたが、それをすべて発揮するにはもっとフィジカルが必要だろう。

DF#32 柴田慎吾
 ヨンセンや闘莉王と伍しても全く引けをとらなかった空中戦の強さは圧巻で、攻守においてチームの大きな武器となった。ポジショニングやフィードの精度など、課題も続々と出てきたが、それもストロングポイントがあって試合に出られたからこそ。それらを克服できれば、当分の間は最終ラインを任せられそうだ。

DF#35 箕輪義信
 実績に相応しい存在感を見せたが、故障であっという間に消えてしまった。リーダーとしての期待も大きいが、本当なら彼ぐらいの意識を持った選手が何人もいないと強いチームにはなれないはず。川崎と比べれば気苦労も絶えないとは思うが、J2から強豪に這い上がったメンタリティーをチームに行き渡らせてくれることに期待したい。

|

« 2008シーズン総括(監督編) | トップページ | 2008シーズン総括(MF・FW編) »

Consadole2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/43394946

この記事へのトラックバック一覧です: 2008シーズン総括(GK・DF編):

« 2008シーズン総括(監督編) | トップページ | 2008シーズン総括(MF・FW編) »