« 2008J1#34 札幌0-1鹿島@札幌ドーム | トップページ | 2008シーズン総括(監督編) »

2008シーズン総括(チーム編)

 開幕当初に何試合かあった、内容のいいゲームを取り切れなかったことが、選手から自信を奪い尽くしてしまった。その後はお決まりの負のスパイラル。自信を持てないから積極的になれないし、結果が出ないことがさらに闘争心を奪う。上向きかけた時期もあったが、そこでも結果を出せなかったことで、積み重なったストレス、モラルの低下を吹き飛ばすには至らなかった。
 それに加えて選手の質の低さは否定しようもない事実だった。技術については戦前から想像はついていたが、それでも(存在したかどうかは別にして)グループワークでカバーできないほどの差ではなかったはずだ。酷かったのは精神面だった。失点すればすぐ下を向き、取り返しに行こうとする気概すら見せない選手のなんと多かったことか。グループで、一丸となって戦って初めて勝負できる選手層しか持ち合わせていないチームに、これだけ心の弱い選手がいれば勝負になるはずもない。
 また、あまりにもアグレッシヴさを欠いていた。自分のゾーンさえ守っていれば試合に出られたのかもしれないが、FWが必死になって追いかけているのにラインを上げない。相手がまさにトップスピードに乗ろうとしているところで、一歩踏み出せばそれを止められるのに突っ立ったままで、挙げ句にあっさり抜かれる。人と人の間に入ってきた相手はお見合いしてフリー…。マイボール時の無為無策ぶりに至っては、もはや触れる気にもならない。
 これでは、自信喪失もさることながら、プレーヤーとして持っていなくてはならない判断力や本能を欠いていた、と判断するほかない。仮に(ゾーンから動かないことが)チームオーダーだったとしても、正常な判断さえできていれば、カバーリングでもサポートでもできることはあったはずだ。それを試みたクライトンやダヴィが孤立し続け、ストレスを蓄積し続けていったことが、今季の問題の根深さを物語っている。
 代々このチームは、「寄せ集め」の宿命か、いい時は良くても、悪い時はあっという間に瓦解する、という悪癖を持っている。今季などはまさにその典型だった。そろそろ、こんな伝統にはおさらばしなくてはならない。まずはどんな状況にも揺るがないチームスピリットを個々が身につけ、ファイティングポーズを取り続けられる集団になる必要がある。全員が己のメンタルの弱さを痛感しているであろう今こそ、札幌というチームがプロフェッショナルのメンタリティーを得る大きなチャンスだと捉えるべきかもしれない。また、それを近いうちに果たせなければ、このチームに未来はない。新シーズンは、その姿勢だけでも我々観客を満足させられるようなチームになってほしい。それが結果にもつながるはずだ。

|

« 2008J1#34 札幌0-1鹿島@札幌ドーム | トップページ | 2008シーズン総括(監督編) »

Consadole2008」カテゴリの記事

コメント

いつも、全ての分析に納得しています。
全く同感です。
これからも読むのを楽しみにしています。

投稿: ロク | 2008年12月14日 (日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/43383548

この記事へのトラックバック一覧です: 2008シーズン総括(チーム編):

« 2008J1#34 札幌0-1鹿島@札幌ドーム | トップページ | 2008シーズン総括(監督編) »