« 2008シーズン総括(MF・FW編) | トップページ | 2009J2#1 札幌0-1仙台@札幌ドーム »

高円宮杯第20回全日本ユースサッカー選手権大会決勝トーナメント ラウンド16:札幌U-15 3-1 桐蔭学園中学校

*これぞ、フットボール。トップの大人たちがやろうとすらしなかったことを、中学生が事も無げにやってのける。特に前半立ち上がりの、徹底してグラウンダーでつないで波状攻撃を仕掛けるさまは、EUROのスペインすら想起させた。

*もちろん、課題も見えた。前半は相手が愚直なまでにキック&ラッシュを仕掛けてきたことでゲームを落ち着かせることがができず、内容で圧倒しながら不必要に押し込まれてやらずもがなの失点をしてしまった。こういった状況では相手の出方を見極めてゲームを運ぶことも必要になってくる。特に荒野は、ポジションを考えても持っている技術や戦術眼を考えても、もっと積極的にゲームに関与する必要があった。ただ、後半はベンチの適切なポジションチェンジもあり、全員が動いてボールを動かし、ゲームを完全に支配するに至った。これが自分たちの判断でできるようになれば、もっといいチームになれる。

*足元の技術に自信があるせいか、ボールを受けるための動き出しが悪いので意図があるプレーが出ても形にならないことが多く、雑なプレーも目立った。顔の出し方や受ける時の体の使い方、視野の確保の仕方を覚えれば、よりレベルアップできるはずだ。それでも、数名の質と量を兼ね備えた選手がそれを十分にカバーしており、後半にはそのことを感じ取ったほかの選手もアグレッシヴさを増してきたあたり、日ごろの指導の適切さ、選手の意識の高さが窺い知れる。いくら打っても入らなかったFWが、それでも体を張って起点をつくり、サイドに流れてチャンスメークをしていたのはその好例。こういった選手にこそ、福音はもたらされるはずだ。

*常に首を振って状況を確認し、自分が持っても人が持っても適切な判断ができる選手、正確な技術をエリアへの飛び出しで生かせる選手、サイドでもセンターでも持ち味を発揮できる選手…。それ以外の選手も質と量を兼ね備えており、U-18に誰を上げるか困るぐらいの粒揃い。彼らがトップで主軸を張る日が来るのが楽しみになる、そんなゲームだった。課題を克服しながら、ぜひ順調に伸びてきてほしいものだ。そうなればこのチームの未来は明るい。

|

« 2008シーズン総括(MF・FW編) | トップページ | 2009J2#1 札幌0-1仙台@札幌ドーム »

Other Football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/43478138

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯第20回全日本ユースサッカー選手権大会決勝トーナメント ラウンド16:札幌U-15 3-1 桐蔭学園中学校:

« 2008シーズン総括(MF・FW編) | トップページ | 2009J2#1 札幌0-1仙台@札幌ドーム »