« 2008J1#32 東京V1-1札幌@味の素スタジアム | トップページ | 2008J1#34 札幌0-1鹿島@札幌ドーム »

2008J1#33 名古屋3-1札幌@瑞穂陸上競技場

 立ち上がりは、明確な目標があって一丸となっているチームと、その正反対のチームの差がはっきり表れた。後者は下らないミスを繰り返し、勝利への意欲を前面に押し出して入った前者は、勢いそのままに、普段蹴らない選手のFKが最高のところに吸い込まれる。
 途中からは札幌もチャンスをつくれるようになったが、それは上里や西、藤田がボールを引き出して動く、という至極当たり前のことを繰り返した結果。名古屋の選手はほぼ全員がやっていたが、札幌の選手はこの3人ぐらいで、ほかの選手は何かプレーしたら足を止めるばかり。ボールを失っても追いかけようとしないなど、「切り替え」という概念が頭にないかのようだった。2失点目もその差だ。ボールを見物していた札幌の選手と、足を止めなかった名古屋の選手。その差ががチャンスの差だし、クオリティの差、ということになる。スターティング・フォーメーションは同じはずなのに、流動性、相互補完性の高さには雲泥の差があった。選手の差だけではない。この2年間の方法論自体が不毛極まりないものだった、ということを、図らずも相手が証明してくれたのではないか。
 ただ、遅きに失したとはいえ、自分の判断でそれを壊そうとする選手が出てきたこと自体は評価できる。このことが指示を守ることに汲々とする者ばかり重用されてきたチームに風を吹き込み、本来フットボールがあるべき姿に回帰するきっかけになればいい。

|

« 2008J1#32 東京V1-1札幌@味の素スタジアム | トップページ | 2008J1#34 札幌0-1鹿島@札幌ドーム »

Consadole2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/43280999

この記事へのトラックバック一覧です: 2008J1#33 名古屋3-1札幌@瑞穂陸上競技場:

« 2008J1#32 東京V1-1札幌@味の素スタジアム | トップページ | 2008J1#34 札幌0-1鹿島@札幌ドーム »