« 2008J1#25 札幌2-3千葉@厚別競技場 | トップページ | 2008J1#27 札幌1-2FC東京@厚別競技場 »

2008J1#26 大分3-2札幌@鹿児島県立鴨池陸上競技場

 最後まで走り、戦っていたし、ボールに向かってプレーもしていた。できることのほとんどはしていた。それでも、出来が良かったとはいえない相手に勝てなかった。ただ、この理由を「勢いの差」などと片付けてしまってはいけない。失点のうち2つは間違いなく防げるものだった。ひとつはGKの壁の作り方のミス、もうひとつはもはやお馴染みとなった集中の欠如。ほとんど与えなかった決定機の大半を決められたのでは、勝てる試合を落とすのも致し方ない。
 攻撃でもボールを奪った後にどう組み立てるのか、という部分で共通意識がまったくなかった。こういう時こそグループワークが必要になってくるのに、出し手と受け手の1対1の関係でしか攻めができていない。これでは意外性もないし、簡単に読まれてしまう。しかも、それですらタイミングが合わなかったり、意図がずれたり。結局、この試合もそうだったが、シーズンを通して運と個人能力でしか点を取れていない。もちろん、これは与えるべき策を持たない首脳陣の責任。この部分を疎かにしたことで落とした勝ち点は相当な数になるはずだ。
 このゲームで見せたメンタリティーは、至上のものではなく、必要最低限のものだ。これで「良かった」だの「頑張った」だの言っているうちは、光は見えてこない。これに、どれだけ攻守ともにクオリティーを上積みできるか。どのカテゴリーで戦うことになろうが、この部分を強く求めていかないと、このチームはいつまでたっても「中途半端のろくでなし」のまま、終焉を迎えることになるだろう。それは札幌に関わる者すべてが肝に銘じておかなくてはならないことだ。

|

« 2008J1#25 札幌2-3千葉@厚別競技場 | トップページ | 2008J1#27 札幌1-2FC東京@厚別競技場 »

Consadole2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/42571266

この記事へのトラックバック一覧です: 2008J1#26 大分3-2札幌@鹿児島県立鴨池陸上競技場:

« 2008J1#25 札幌2-3千葉@厚別競技場 | トップページ | 2008J1#27 札幌1-2FC東京@厚別競技場 »