« 2008J1#22 横浜M1-0札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | 2008J1#24 清水3-1札幌@日本平スタジアム »

2008J1#23 札幌3-3G大阪@厚別競技場

 点を取りにいくのは大いに結構だが、守備をしなくていいわけではない。特に前半は、双方ともにボールにプレッシャーをかけることができず、ノーガードの殴り合い。札幌側から見れば遠藤やルーカスが受けたときに遠巻きにして当たりに行かないため、彼らに簡単に前を向かれて突破やパスを許す。ゾーンディフェンスだろうが何だろうが、危ない選手を潰しにいかなければならないのは一緒。結果的にそこからの失点ではなかったにせよ、基本は徹底されていなければならない。後半には修正されていたが、指示されなければできないのでは話にならない。挙げ句の果てに、失点は高木や最終ラインの集中を欠いた、というほかないミス絡みばかり。それ以外にも西嶋や坪内はコーチングが耳に入っていなかったり、必要のないところでクリアしてみたり、わざわざピンチを招くようでは救いようがない。これでは後ろの選手のせいで勝ち点3を落とした、と言われても仕方ないだろう。
 攻撃面では、皆が前に出よう、という意識を持って攻撃のサポートにも精力的に動いたため、ここ最近では見ることのなかったセカンドボールを拾っての波状攻撃もあったし、ボールもこのチームにしてはよくつながっていた。相手が緩かったにせよ流れの中で3点取ったのだから、文句をつけるわけにはいくまい。特にクライトンのゴールは4-4-2を採用するチームが取り得る理想とも言えるもの。センターハーフの走り込みなくしてゴールはない、ということを証明してくれた。
 1人減ってから、(リードしていたこともあって)攻め手を失ったのは致し方ない。守るための交代をした以上、札幌の選手にそれ以上を求めるのは酷だ。そんな中でも上里は持ち味を発揮していた。彼のキープと正確なパスがなければ、もっとカウンターの脅威にさらされていたに違いない。これまでの扱いが不当であった、ということを証明できたのではないか。
 しかし、必要だったのは勝利。このゲームが10試合前なら前向きにもなれるが、もはや「いい試合だった」という台詞は通用しないところにきている。どれだけ、選手が「勝つしかない」という意識を強く持ってゲームに集中し、戦っていけるか。守備のチームの守備者が適当なプレーを繰り返すようでは、光は見えてこない。

|

« 2008J1#22 横浜M1-0札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | 2008J1#24 清水3-1札幌@日本平スタジアム »

Consadole2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/42295005

この記事へのトラックバック一覧です: 2008J1#23 札幌3-3G大阪@厚別競技場:

« 2008J1#22 横浜M1-0札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | 2008J1#24 清水3-1札幌@日本平スタジアム »