« EURO2008 Semi-finals:Germany 3-2 Turkey | トップページ | 2008J1#14 G大阪4-2札幌@万博記念競技場 »

EURO2008 Semi-finals:Spain 3-0 Russia

 スペインは、完璧なディフェンスをした。素早い切り替えで前線からパスコースを限定し、アルシャーヴィンが使いたい最終ラインの前のスペースはマルコス·セナを中心に埋めて彼に仕事をさせない。リードを奪った後はシャビ·アロンソを投入してさらにそこを固める徹底ぶりだった。いよいよ手がなくなって無理に縦に入れてくれば、対応はさらに容易になる。スカウティングに基づいて対策を講じるのは当たり前のことだが、それを最後まで集中を切らすことなくやり遂げた、という点に彼らの今大会における成長を見ることができる。
 攻撃では前半こそフリーランニングが少なくプレスに苦戦したが、後半に先制してからは相手がリスクを負って前に出てきたことで守備の出足の早さを生かしたカウンターが効果的になった。それを見越してグイサを投入したベンチワークも見事なものだった。
 ここまでの内容だけを比較するなら、ドイツは彼らの敵ではない。自分たちのプレーさえできれば相手がベストの状態でも引けをとることはないはずだ。最高の内容で最高の結果を出したことで浮つくようなことがなければ、問題ないだろう。
 ロシアは切り替えやビルドアップの部分でことごとく先手を打たれ、何もさせてもらえなかった。中盤をコンパクトにしてボールを奪いにいっても交わされ、厳しい状態をつくられても強引に前に入れて押し上げれば、ボールを失って裏を突かれる。1点差であれば様子を見ながら相手が嫌がりそうなカウンターやセットプレーに賭ける、という選択肢もあったはず。それでもそうしなかったのは経験不足もあろうが、最も重要なのは彼らのスタイルではない、ということだろう。
 強い相手に自分たちのやり方を貫いて、敵わなかったことを恥じる必要はない。素晴らしいプレーをしたスペインこそが称えられるべきであり、こういった経験が強くなっていく上での糧になるはずだ。テクニカルでアグレッシヴなスタイルは間違いなく今大会でもトップレベルに位置するもので、彼らもまた、拍手を送られるにふさわしいものを見せてくれた。

|

« EURO2008 Semi-finals:Germany 3-2 Turkey | トップページ | 2008J1#14 G大阪4-2札幌@万博記念競技場 »

EURO2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/41664086

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2008 Semi-finals:Spain 3-0 Russia:

« EURO2008 Semi-finals:Germany 3-2 Turkey | トップページ | 2008J1#14 G大阪4-2札幌@万博記念競技場 »