« EURO2008 Quarter-finals:Russia 3-1 Netherlands | トップページ | EURO2008 Semi-finals:Germany 3-2 Turkey »

EURO2008 Quarter-finals:Spain 0-0 Italy

 誰しもが予想した内容になったが、スペインは横パスひとつでも焦ることなく確実につなぎ、相手が待望してやまなかった中盤でのミスを犯さなかったことでカウンターの機会を与えない。特にマルコス・セナはプレッシャーがなかったせいもあるが、ルーズボールを支配した上ほぼ完璧につなぎをこなし、チームのリズムをつくった。最終ラインの集中も高く、サイドバックが上がってきた時に中盤の選手が戻りきれずにクロスを上げられた場面も、体をきっちり寄せて決定的なシュートは許さなかった。攻撃でも最後まで相手の分厚い守備を恐れることなく縦に入れており、サポートもあったので崩せそうな形はつくれていた。相手にその気があったかはともかく、前に出て来る抑止力になっていたことは確かだろう。
 次はロシアとの再戦。初戦のようにすべてうまくいくことはあるまいが、この試合ぐらい集中できていれば問題ないはず。どちらもプレーすることを志向しているだけに、質の高いフットボールが観られそうだ。
 イタリアは引きこもるだけで何もしようとせず、軽い接触でもわざとらしく転げ回って試合を何度も切るなど(レフェリーにも問題はあったが)、ゲームの質を貶め続けた罰を最後に受けた。これが彼らの方法論だ、と言ってしまえばそれまでだが、2年前と比べても明らかに時代錯誤のスタイルに逆戻りしたとあっては、ここまで来たこと自体が幸運だったと言うしかない。大会を通して、勝者たる所以を見せたことは一度たりともなかった。

|

« EURO2008 Quarter-finals:Russia 3-1 Netherlands | トップページ | EURO2008 Semi-finals:Germany 3-2 Turkey »

EURO2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/41620308

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2008 Quarter-finals:Spain 0-0 Italy:

« EURO2008 Quarter-finals:Russia 3-1 Netherlands | トップページ | EURO2008 Semi-finals:Germany 3-2 Turkey »