« 2008ヤマザキナビスコカップCグループ#6 札幌0-3柏@札幌ドーム | トップページ | EURO2008 GroupC#1 »

EURO2008 GroupB#1

Croatia 1-0 Austria

 クロアチアらしからぬ試合運びだった。入り方こそ良かったが、それ以降は意気込みが空回り気味だったホームチームにお付き合いしてゲームを落ち着かせることができず消耗し、後半は防戦一方。次がドイツ戦だけに余力を残しておきたいところだったが…。アウトサイダーと目される開催国相手の開幕戦、という難しいシチュエーションのゲームで勝ち点3を得ただけでも良しとすべきか。オーストリアは交代選手が機能し、あと一歩まで押し込むことはできたが全般にコンビネーションと精度を欠いた。単調なビルドアップも崩しきれなかった原因だろう。

Germany 2-0 Poland

 ポーランドの方がクオリティーは高かった。シンプルにボールを動かしてサイドを使う、という意図が徹底されており、チャンスには何度も近づいた。足りなかったのはフィニッシュワークの質。特にトップの選手がドイツのCBから逃げ回るばかりでは如何ともし難いし、その代わりに中に入る選手もいなかった。途中出場のロジェール・ゲレイロが起点にも終点にもなれる力を示しただけに、彼を頭から使うのも手だろう。一方、ドイツはやはりドイツだった。特筆すべき内容ではなかったが、相手のミスから得たチャンスを確実にモノにし、守っても最後の一線は越えさせない。目標が高い位置にある以上、グループリーグは試合をこなしながらコンディションを上げていくつもりなのだろう。

|

« 2008ヤマザキナビスコカップCグループ#6 札幌0-3柏@札幌ドーム | トップページ | EURO2008 GroupC#1 »

EURO2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/41487294

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2008 GroupB#1:

« 2008ヤマザキナビスコカップCグループ#6 札幌0-3柏@札幌ドーム | トップページ | EURO2008 GroupC#1 »