« EURO2008 Semi-finals:Spain 3-0 Russia | トップページ | EURO2008 Final:Spain 1-0 Germany »

2008J1#14 G大阪4-2札幌@万博記念競技場

 負けているのに、意図のない横パス、バックパス、ロングボール。こんなモノをビルドアップと称するわけにはいかない。しかも無理にでも出ていってやられるのならまだしも、何もしていないのに失点を重ねる。球際で安易なスライディングをして交わされたり、ちょっとしたコンタクトでバタバタ倒れてファウルを要求し続けたことも含め、自分たちの質や意識の低さを身をもって示しただけだった。
 それでも、前半はサイドバックが中盤まで張り出して組み立てに参加しようという意思を見せており、ある程度ボールも運べていた。相手もスローテンポだったこともあり、まだゲームの体をなしていた。バレーのカウンターに対応できなかったのは、最終ラインにスピードのない選手を並べたベンチのミスであり、能力が足りないのは選手の責任ではない。
 ところが、後半に入って相手が圧力を強めてくると、たちどころにズルズル下がるだけで、クリアすらまともにできなくなる。相手が得点してペースを落としても、結局外国人の個人能力でしかチャンスをつくれない。余裕のあるボールでも適当に出して相手に渡してしまうし、外国人に渡してしまえば日本人は用済み、とばかりにその場に突っ立ったまま。「ハードワーク」というのは足を動かすだけではなく頭も動かすことであり、守備はもちろん攻撃にこそ必要なことだ。札幌は人任せのサッカーをして勝てるチームではない。技術が劣る以上、余計に走らなければならないし、そのエネルギーはゲームのすべてにおいて発揮されなくてはならない。しかし、その意識はどこかに吹き飛んでしまったようだ。
 これでは7、8年前に逆戻りだ。また、外国人の当たり外れによってチーム状態が左右される時代を繰り返すつもりなのか。それをしないために、苦しい時期を甘んじて受け入れたのではなかったのか。積み上げてきたものを、こんな馬鹿げた形で失うのなら、このタイミングで昇格しない方が良かったのかもしれない。監督の人選を含め、フロントは抜本的に考え直す必要があるのではないか。

|

« EURO2008 Semi-finals:Spain 3-0 Russia | トップページ | EURO2008 Final:Spain 1-0 Germany »

Consadole2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/41689886

この記事へのトラックバック一覧です: 2008J1#14 G大阪4-2札幌@万博記念競技場:

« EURO2008 Semi-finals:Spain 3-0 Russia | トップページ | EURO2008 Final:Spain 1-0 Germany »