« EURO2008 GroupB#2 | トップページ | EURO2008 GroupD#2 »

EURO2008 GroupC#2

Italy 1-1 Romania

 前半、自陣に引きこもって人数がいる割に守備のバランスが悪かったルーマニアは、後半に入ってボールを動かして攻めに出たことで逆にバランスが改善され、ゲームを支配しだしたところで先制。直後のセットプレーで追いつかれたのは痛かったが、守っているだけではない、ということも印象付けられたし、次の試合は恐らくメンバーを落としてくるであろうオランダ。悪い結果ではないだろう。問題があったのはイタリアの方で、初戦同様に運動量が足りず、ピルロも出すところがないので縦に蹴るばかり。個の力はあるのでチャンスはそれなりにつくれるが、それを決められなければ、拠るところが他にない以上勝ち目もない。

Netherlands 4-1 France

 開始早々に先制した後、残りの35分間はプレーすることを放棄したような姿にファン・バステンも業を煮やしたに違いない。相手が出てくることは明らかなのに、攻撃の選手の枚数を増やすのだから随分と大胆な策をとったものだ。でも、乗っているチームというのはこういうものなのだろう。その選手が次から次へゴールを叩き込むのだから。最初こそ中盤のフィルター機能が落ちた分押し込まれかけたが、そこを凌ぐや否や、ラインを上げたスペースをロッベンが切り裂き、失点直後にも戻りきれなかった選手の裏を突いてカウンター。これで勝負は決まった。確かに3点目、4点目は普通なら入らないようなシュートだったが、そういうのが決まるのもチームがいい流れの中にある、ということ。守備も機能しているし、したたかさも見せた。すべてがうまく回っている。「失望」の代名詞的な存在から抜け出しつつあるのかもしれない。
 フランスは、「戦術や技術の前に必要なもの」が足りない選手が多過ぎた。前半は負けているのに相手のペースにお付き合いし、後半には前傾姿勢を強めた途端に失点。悪い流れを変えようとする選手は数えるほどで、ファン・ニステルローイやロッベンまで戻って守備をしていた相手とは対照的に、多くの選手が心ここにあらず、といった風情で押し上げることもなくピッチ上を漂う姿からは、強者の誇りやチームの一体感なぞ微塵も感じられなかった。

|

« EURO2008 GroupB#2 | トップページ | EURO2008 GroupD#2 »

EURO2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/41529228

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2008 GroupC#2:

« EURO2008 GroupB#2 | トップページ | EURO2008 GroupD#2 »