« 2008ヤマザキナビスコカップCグループ#4 札幌1-2千葉@函館市千代台公園陸上競技場 | トップページ | EURO2008 Group A#1 »

2008ヤマザキナビスコカップCグループ#5 川崎2-0札幌@等々力陸上競技場

 無惨だった前節を受けて、戦おう、集中しよう、といった気持ちは見えた。また、これまでのようにむやみやたらと蹴るのではなく、横パスが多かったとは言えグラウンダーで丁寧につなぐ意識もあったし、狭いところでも避けずにチャレンジしていこう、というプレーも多く見られた。相手が低い位置に人数をかけていたことと、こちらの技術の拙さもあって成就する機会こそ少なかったが、こういうところでミスをするのなら大歓迎だ。相手が1軍半だからできた、ではなく、今後もどんな相手であってもこれぐらいの思考レベルでプレーしてほしい。
 もっとも、コレクティヴィティにおいて上回っていたにもかかわらずこういったスコアになったということは、個の力、特にトップの差が如実に顕れた、ということでもある。給料の差、といってしまえばそれまでだが、札幌の前線の選手はもっと状況判断や技術を磨いて、味方がサポートに動いてくれるようなプレーを心がけなくてはならない。簡単につぶされるか、無理な仕掛けでボールを失ってばかりでは、チームとして攻め切る、なんてことは夢物語にすぎなくなってしまう。相手を追いかけてさえいれば監督は満足するかもしれないが、一番前の選手がフィニッシュワークに関与できないようでは、札幌のような方法論のチームが勝つことは難しい。適切な動き出しを以て後ろからボールを引き出さなくてはならないし、常にシュートを意識したプレーを選択しなければならない。相手がいるからバックパス、では怖くもなんともない。ジュニーニョがバイタルエリアで何回横や後ろにパスしたか、と考えれば、いかにそれが重要なことかは簡単に理解できるはずだ。
 リーグ戦で残留したいのなら、このチームがドラスティックな補強で流れを変え得る財力を持ち合わせていない以上、個々が資質と戦術理解を磨いていくほかない。確かに若いチームにとって試合は最大の学びの場かもしれないが、学んでいるうちにシーズンは終わってしまう。この日ぐらいできればどこが相手でも戦えるだろうが、勝てる保証はどこにもない。その中でどう勝ち点を稼ぐか、考えなくてはならないのは監督だけではない。

|

« 2008ヤマザキナビスコカップCグループ#4 札幌1-2千葉@函館市千代台公園陸上競技場 | トップページ | EURO2008 Group A#1 »

Consadole2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/41385307

この記事へのトラックバック一覧です: 2008ヤマザキナビスコカップCグループ#5 川崎2-0札幌@等々力陸上競技場:

« 2008ヤマザキナビスコカップCグループ#4 札幌1-2千葉@函館市千代台公園陸上競技場 | トップページ | EURO2008 Group A#1 »