« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007J2#47 札幌1-0徳島@札幌ドーム

 立ち上がりこそ福岡戦の影響か足が動いておらず、まともなプレーができていなかったが、途中からはパスコースを消しながら連動してボールを奪うディフェンスができるようになり、いい流れを保っている時間帯に先制できたことが大きかった。
 その流れをもたらしたのは、イタカレだ。序盤は今まで通りだった彼が突如としてFWらしい動きをし始めたあたりから、チームが動きだした。空中戦は本当に苦手なようだが、人と人の間でボールを引き出そうとすることでパスの出しどころが明確になり、攻めに停滞感がなくなった。また、体さえ入れてしまえば体格を生かして前を向く機会が増え、それが先制点につながった。もちろん、まだ諦めが早かったり動き出しが遅かったりと問題はあったが、最初に比べれば守備などでの戦術理解は進んでいるようだし、このプレーを継続できるようなら戦力になりそうだ。
 後半は疲労のためだろう、足が完全に止まり防戦一方にも見えたが、集中は切らしておらず、最後までやらせた場面は数えるほど。折を見て前から狙う、前線に通してカウンター、など前節にはできなかったこともできており、コンディションを考えればそう悪い内容ではなかったのではないか。
 前節の岡本、今節のイタカレ。苦しいときに「孝子」が現れるのは、チームにモメンタムが戻りつつある証拠だろう。愛媛でも厳しいゲームを強いられることになるだろうが、ここを乗り切れば日程はずいぶん楽になる。この流れを壊さないように、前向きにプレーしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »