« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »

2007J2#28 徳島3-0札幌@ポカリスエットスタジアム

 こいつらは、フットボールを、万難を排して駆けつけたはずのサポーターを、ナメている。ちょっと成績がいいだけで慢心が極まったに違いない。そうでもなければ、これだけ集中力も、精神力もまったく感じられない90分を過ごせるわけがない。強行日程で走れないのとは別のことである。
 前半はペースを抑えていたつもりかも知れないが、守備で当たりにいった後のカバーはない、コミュニケーションもない、攻めても意図のないロングボールばかりで、勝っている時にはできていた「必要な時には行く」という動きも皆無。これでは、ただサボっているのと同じだ。
 また、イタカレの起用は確率の高いギャンブルとは言えなかった。走れない、持てない、周囲とのコンビネーションもない、とあっては1人いないのに等しい。この内容では、チーム云々ではなく個人の問題。つまり、前節に可能性を感じさせるプレーを見せた岡本や西を押しのけてまで使った方の失策だ。
 後半は攻める気はあったようだが、気ばかり焦って真ん中に集まり、イージーミスを繰り返しているようでは引いた相手を崩せる道理もない。また、気に食わないのは事故のような2失点目の後、全員が下を向いてプレーするのを放棄したこと。10分あれば2点でも3点でも取れる、と考えるのがプロフェッショナルの、勝者のメンタリティーであるべきだ。そう考えるなら、この11人には優勝や昇格を語ったり、プロを名乗る資格はない。来年もまた徳島に来たい、とでも思っていたのなら話は別だが。
 中9日で迎える次は、本当に何のエクスキューズも用意されないゲームになる。まさにマストウィン・ゲームだ。修正点は戦術ではなく、積み上げてきたものに対して自信を持てないメンタルにほかならない。ここでこの数試合のような無様で、かけらほどのチームワークも見られないパフォーマンスを見せるようであれば、即刻戦いの場から去るべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007J2#38 札幌1-1愛媛@函館市千代台公園陸上競技場

 酷いゲーム、という点において前節と変わるところは何一つない。だいたい、センターハーフが両方ともあれだけ走れない、戦えない、寄せられない、カバーもできない、ではまともな試合ができるはずはない。カウエも酷かったが、これは想定の範囲内。深刻なのは芳賀がまるで役に立たなかったことだ。列挙した4つ以外にも、軽い、簡単にボールを失う、とあってはもはや邪魔なだけ。前節も似たようなレベルのプレーで、休み明けのコンディショニングを間違ったとしか思えない。大塚の投入後は多少マシになったとはいえ、到底合格点をつけられる出来ではなかった。ここが機能しなければ最終ラインに多大な負担がかかる。実際、さらされる形になった彼らは相手の人数をかけた攻めに慌てふためき、跳ね返すだけ、という状態に追い込まれた。失点が1で済んだのが不思議なほどだった。
 攻撃でも、動き出しが少ないところに適当なロングボール、相手のプレスに慌てた出鱈目なパス、リスクが低い代わりに何の可能性もない横パスなど、視線が上を向いているはずのチームとは思えないほどの惨状で、チャンスらしいチャンスはほぼ皆無。これでは数ヶ月前に逆戻りだ。岡本と西のプレーに一番可能性が感じられるようでは、ほかの選手に問題があると言わざるを得ない。
 確かに日程は厳しいし、そこにまともなスケジュールを組めないフロントの無能さも加わって大変なのはわかる。でも、少なくとも試合間隔については相手も同じ条件のはず。それで運動量においてはるかに下回っているようでは話にならない。とりあえず、走れなかったり、戦えない選手は使わないことだ。たとえレギュラーであってもそれは譲るべきではない。サブに信頼が置けないのも理解できないわけではないが、動けない選手を使うよりはマシだろう。
 今のところ、下のチームもお付き合いしてくれているからいいが、これが長続きするとも思えない。早急に立て直して、ペースを元に戻さなくてはいけない。その意味でも、水曜日のゲームの重要性はさらに増した。ともかく、必勝を期さなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »