« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »

2007J2#34 京都2-3札幌@京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

 恐れ入るほかない。前半は質ではるかに上回り、先制したにもかかわらず下らないミスから失点。それを引きずって入った後半にまた失点。これまでの札幌なら、間違いなく自壊して惨敗していたケースだ。ところが、このチームは違った。交代策の助けはあったものの、相手が見せた一瞬の隙を逃さず追いつき、逆転してしまった。
 もちろん、勝利が百難を隠すわけではない。PKを与えた時の、時間帯が頭に入っていない、集中もコミュニケーションも欠いたプレー。それを発端に流れを失った精神的な弱さ。また、後半立ち上がりに何度も見られた、相手ボール時に足を止めてしまう悪癖。修正していかなければならない部分はたくさんある。
 でも、良くなってきている部分はもっと数多くある。ボールが精度を伴って動くようになったのでゲーム運びに安定感が生まれてきたし、縦パスの重要性もやっと認識したようだ。出す側が勇気を持ってクサビを入れられるようになった。これがあったからこそ、最後にサイドの突破が生きた。もちろん、苦しい場面でも勝負できるメンタリティーも見逃すことはできない。
 このゲームのように特大のカタルシスを得られるのもいいが、カタルシスすら感じさせずにゲームを勝利で終えられるだけのものも身に着けつつある。上を見据えるのなら、今持っているものをさらにブラッシュアップしていかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007J2#33 札幌3-0C大阪@札幌ドーム

 いいゲームをした方が勝った、ということだ。絶え間なく、90分間途切れることのなかった高い位置からのプレスと常にボールホルダーに対して数的優位をつくって挟み込む動きは相手に何もさせなかったし、攻めても前でボールを持った選手が頑張ったことと、ビルドアップでの下らないミスが少なかったことで後方からの走りこみが実現し、厚みが増した。また、常に逆側のスペースを意識してボールを動かしており、相手の守備陣を混乱させることができていた。
 確かに、走り切れたことについては空調の効いたドームならでは、という部分はあり、アウェイで同じことができるとは思えない。それでも条件は相手も同じだし、個力の高い相手を圧倒したのは事実。次節に向けて、いい弾みになったのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »