« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »

2006シーズン総括(FW編)

#9 石井謙伍
 数字だけを見れば大幅な進歩だが、印象は「外し過ぎ」。体の使い方が上達してボールが収まるようになっているし、気持ちが前に出るようにもなってきている。全般的にはチームへの貢献度は上がっているのに頼りなく見えるのは、ゴール前での落ち着きのなさが目に余るからだろう。また、フッキに遠慮したのか打てるところでパスを選択することも多かった。点を取っても誰も怒らないし、自分の評価にもつながるのだから、何も悪いことはないはずなのだが…。

#10 フッキ
 ボールを持ったらそれしか見ておらず、自分で完結させることしか考えない。奪われても切り替えなんて概念は持ち合わせていないのだろう、両手を広げて突っ立ったままで、場合によっては審判に不満の意を表してカードを頂戴する。FWなのにクロスに飛び込むこともしない。「チーム編」でも書いたが、数々のチームに及ぼした悪影響を考えれば、25というゴール数も半分程度の価値しかあるまい。

#11 相川進也
 石井と同様、「もっと取れたはず」という印象だけを残した。ポストも裏に抜ける動きもできるし、逃げる動きも巧み。前線の軸になるべき存在であることに疑いの余地はない。あとは決定力だ。難しいシュートばかり決めて簡単なのを外しているようでは信頼は勝ち取れない。

#13 中山元気
 いくらフリーランだ、フォアチェックだ、といってもゴールに向かってプレーしないのではFWとして評価されることはない。天皇杯のG大阪戦のように前を向いてプレーすれば十分な脅威を与えられるのに、シーズン中はDFを背負って落とすのみ。いくらチームオーダーだといっても、不得手なことを、しかもそればかりやって批判を浴びるのでは割に合うまい。自分が得意なプレー-前を向くこととクロスに飛び込むこと-をもっと意識してプレーしないと、生きる道は開けてこない。

#17 清野智秋
 昨季の第4クールは夢か幻か。開幕からレギュラーを外されたことで腐ったか、数少ない出場機会でも元の「お嬢さん」然としたプレーを披露するか所在不明で、サテライトでも豪快な柵越えを連発する始末。何もいいところを見せられなくては、見切りをつけられたのも当然だろう。
 
※寸評のない選手については、公式戦、サテライト等での出場機会が少なく評価する材料を得ることができなかったため割愛した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »