« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »

2007J2#13 草津2-1札幌@群馬県立敷島公園県営陸上競技場

 走れない、頭も動いていない、気持ちでも負けている。立ち上がりから積極的に出てきた草津を完全に受けてしまい、押し返すこともままならず半分以上の時間を過ごした。これで勝てれば奇跡だ。極めて妥当な結果だといえる。だいたい、後半こそ多少は修正されたが、いくら跳ね返されてもロングボールの連打では、チャンスになる確率は限りなく低い。これだけ通用しないのだから、監督に修正される前に自分たちで判断してやり方を変えなければならない。そこまでの思考能力を備えていないことを証明してしまった。
 ここまでのゲームにしても、このやり方が特別効果的だったわけではない。せいぜい「クリアよりまし、つながればラッキー」程度の位置づけだろう。対戦も一巡したことだし、札幌はドログバもズラタンも持っていない以上、運と個人技に頼るのはやめてビルドアップの方法論を確立していかなくてはなるまい。その意味では、後半の後半あたりのスムーズなサイド展開からの厚みのある攻めは悪くなかった。やはり人数がいない上に重心が後ろに残った状態での攻めは可能性が低い。90分間ノーリスクでは、遠からず限界を露呈することになろう。
 ベンチにも問題はあった。ハーフタイムで修正したことは評価できるが、それ以前に過密日程の上、特にここ数節はコンディションの悪い選手が多くいるのだから、メンバー自体を最初から変えることもできたはずだ。何のためにチームに20人以上いるのか。固定メンバーでシーズンを戦い抜くことは不可能だ、とは監督自身の言葉ではなかったか。また、ボールが動き出して攻めのリズムが出てきた時間帯にロングボールの放り込みを指示したことも解せない。パスの質が低く、イメージシンクロも存在しないハイボール攻撃ほど惨めなものはない。しかも、相手は中央に人垣を築いていた。とても上策だとは思えない。曽田の高さを使いたいのなら、徹底してサイドを突かせた方が効果的だったはずだ。
 チーム状態は明らかに下降気味だ。それでも試合は待ってくれない。まして次の相手は仙台。時間がない中でも心身ともに立て直し、変えるべきところは変えていかないといけない。それをしない(うまくいかない)場合、研究もされるだろうし、苦しい時期が長引く可能性が相当に高くなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007J2#12 札幌1-0愛媛@札幌ドーム

 魅力的であるかどうかは別として、悪いゲームではなかった。プレス、ポジショニングとも的確で、ある程度相手のしたいことをさせないようなディフェンスができていたし、セカンドボールもよく拾えていた。攻撃でもトップのレスポンスが悪くて(相手の圧力も強かった)ボールが収まらないのなら、サポートを速くして崩そうとする意図が見えた。
 魅力的でなかったのは、そこから先だ。前半途中からほとんどゲームを支配していて、いつ点が入ってもおかしくないような雰囲気もあった。後半早くの交代策も相手に傾きかけていた流れを引き寄せた。それを無に帰したのは敵陣深い位置でのイージーミスの連発。余裕があるのにあれだけトラップミス、パスミス、連携ミスを繰り返せば入るものも入らない。結局ゴールは個人の力(と相手のミス)で奪ったもの。ため息と襲ってきた睡魔の数だけチャンスの芽はあっただけに、もったいないことこの上ない。こういった戦い方を選択している以上、チャンスを生かし切るだけの質を伴ったプレーをできないと取れる勝ち点を失うことになってしまう。もっと精度を上げていかないといけない。
 また、後半の半ば以降は中盤の運動量が落ちたことによってプレッシャーが弱くなり、殴り合いのような形になってしまった。それでとどめを刺せればいいが、そのために人数をかけて前に出て行こう、というチームオーダーではないので、どちらかといえば受けてしまうことになる。得点した時間帯にしても、その少し前から愛媛が勢いを増してきていた。代える対象を変更したとはいえ、用意していた大塚を投入するまで得点後10分も待ったのは解せない。早めに運動量とマークの強さを補っておけば、もっと容易に相手の勢いを止められたのではないか。
 ここ数試合、特に前の方の選手のコンディションが落ちてきているようだ。それをネガティヴな材料にしないためにも、このゲームで砂川と石井が流れを引き戻したように、ここまでベンチやスタンドにいた選手の働きが重要になってくるはずだ。いつ出番がきてもいいように、準備を怠らないでいてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »