« 2007シーズン総括(MF編) | トップページ | 2008J1#2 札幌1‐2横浜M@札幌ドーム »

2007シーズン総括(FW編)

FW#9 石井謙伍
 途中出場が多かったこともあってか積極性が増し、仕掛け続け、狙い続けた。常に相手に恐怖感を与えるようなプレーができており、その結果として難易度が高い上にゲームにおけるインパクトも特大、というゴールを連発した。昨季まで感じられた頼りなさ、ひ弱さは微塵もなくなり、ドリブルの切れ、シュートの精度、ゴール前での落ち着きも大幅に向上している。ポストプレーも悪くないし、こういったプレーを長い時間続けられるようになれば、自然と周囲が「石井を先発で使うべき」と言うようになるはずだ。

FW#10 ダヴィ
 プレスの先兵として前線を走り回り、相手にプレッシャーをかけ続けた。その上、相手のレベルは別にしても馬力を生かした突破や競り合いの強さで相手を混乱させ、17点も取ったのだから、貢献度としては十分過ぎるほど。だが、アラも随分目立った。まず、カードをもらい過ぎた。しかも、「大根役者」と言うと大根に失礼なレベルのダイブや無駄なラフプレーばかり。そろそろ日本のレフェリーの性質を学習してもらわないと困る。また、視野が狭過ぎる。周りにフリーの味方がいて、前にDFが3人も4人もいるのに突破を図るのはいい加減やめにしてもらいたい。もっとも、裏返せば、それだけ伸びしろがある、ということでもある。持ち前のパワーやスピードを無駄なく生かせるようになれば、間違いなく有能なFWになれる。それを自覚してプレーしてほしい。

FW#13 中山元気
 守備での追い込み方、ボールへの執念は鬼気迫るほどのもので、失点の減少には大いに貢献した。ただ、その執念を攻撃のときに発揮する機会があまりに少なかった。頑張っているのは分かるが、ポストが向上したといっても体を張っているだけで十分な質はまだ伴っていないし、ボールがきた時の選択肢が乏し過ぎる。せめて反転して突破を図る、という選択肢があればあそこまで簡単にボールを失い続けることはなかっただろう。また、ゴール前に入ってくる回数自体が少ないし、いいボールがきても慌てるばかりでゴールを脅かすようなプレーができない。FWの仕事は点を取らせないことではなく、あくまで取ることだ。急激な技術の向上を望むことは難しいかもしれないが、せめて点を取れそうなところで仕事をする機会をもう少し増やすべきだ。

※出場機会のなかった選手、あっても特記すべき内容のなかった選手は割愛した。

|

« 2007シーズン総括(MF編) | トップページ | 2008J1#2 札幌1‐2横浜M@札幌ドーム »

Consadole2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/17302917

この記事へのトラックバック一覧です: 2007シーズン総括(FW編):

« 2007シーズン総括(MF編) | トップページ | 2008J1#2 札幌1‐2横浜M@札幌ドーム »