« 2007シーズン総括(チーム編) | トップページ | 2007シーズン総括(GK・DF編) »

2007シーズン総括(三浦俊也監督編)

 そう容易とは思えない戦術を、そう覚えがいいとは思えない選手たちに瞬く間に浸透させ、しかも厚いとはいえない戦力の中で相手によってメンバーや戦い方にさまざまな調整を加えながら、これだけの成績を残したのだ。当然、最高級の評価をすべきだ。さらに、全員に同じ方向を向かせて、それを48試合続けたマネージメント力も特筆に価する。
 選手起用に関しても、出てくる選手にはそれだけの理由があり、出られない理由はサテライトなどを見ても明確だった。これなら誰もが理解することができただろう。また、レギュラーでも不思議ではない砂川や石井が腐らずに役割を全うした辺りは、精神面のケアも十全だったことがうかがえる。
 レギュラーや外国人選手を偏重しているようにも見えたが、それはその時点で他に人がいなかったためであり、終盤に西谷、藤田が故障したときに抜擢した岡本、西が活躍したことを見ても、きちんと戦力の状況を把握していたことは間違いない。交代策も大半が理に適ったもので、そのひとつひとつに「ギアを上げる」「取りに行く」などのメッセージが込められていた。意図が明確なら選手が動きやすいのは理の当然で、それによって流れをつかんだり、勝ち点を拾った試合は数多かった。
 問題があったとすれば、9月あたりのチームが負のスパイラルに入ってしまった時期に(外形的には)何もできなかったこと。先発組への信頼、戦力不足等の理由はあったのだろうが、あそこまで壊れてしまった状態なら何らかの刺激を与える必要はあったはずで、そこで動かなかったことは、今後より多く訪れる可能性がある同様の時期への不安を抱かせた。
 それでも、このチームが久々に(初めてかもしれない)迎えたピッチの内でも外でも仕事ができる監督であることに疑いの余地はない。札幌のような財力がないクラブにとって、高いステージにおけるその手腕はさらに重要なものになる。さらにソリッドで、タフなチームをつくり上げてくれることを期待したい。

|

« 2007シーズン総括(チーム編) | トップページ | 2007シーズン総括(GK・DF編) »

Consadole2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/17294620

この記事へのトラックバック一覧です: 2007シーズン総括(三浦俊也監督編):

« 2007シーズン総括(チーム編) | トップページ | 2007シーズン総括(GK・DF編) »