« 第87回天皇杯3回戦 札幌1-1(PK9-10)TDK SC | トップページ | 2007J2#45 札幌2-1草津@厚別競技場 »

2007J2#44 C大阪1-0札幌@長居スタジアム

 守備面では、すべきことはしたはずだ。数的優位のつくり方、ラインコントロールなどはいい時に近い形でできていた。切り替えが遅れた一瞬の隙を突かれて失点こそしたが、それ以外にほとんどチャンスは与えなかったし、ミスのないゲームなど存在しない以上、これは致し方ない。流れのいい時は取られずに済むものが、そうではない時はやられる、そういった類のものだろう。
 やはり、点を取らなければ流れは変えられない。ビルドアップを放棄して意識の9割以上を守備に傾けていた前半でさえ、チャンスは何度かあった。そこで消極的になったり、イージーミスが出て取りきれないうちに失点したことで、ビハインドが数字以上の意味を持つことになってしまった。
 後半も何度もいい形をつくりかけた。ところが焦りがあるのか、肝心なところでパスがずれたり、レベルの低いミスが出る。意図があるだけここ数試合よりははるかにマシだが、それをピッチ上で表現できないのでは結果的には何もしていないのと変わらない。極論すれば、「下手だから負けた」ということになる。実際、トラップやキープの技術では彼我の差は明らかだった。
 また、終盤にパワープレーに出ているのに、後ろの選手が自分のポジションに突っ立ったままだったのは、まったくもって解せない。押し上げて波状攻撃を仕掛ける、というのが常道のはず。カウンターが怖かったのかもしれないが、それだったらセカンドボールを拾いにいくほうが有効なはずだし、それが可能な状況だった。結局、それをしなかったことで、相手に時間稼ぎの余裕を与えてしまうことになった。
 要するに、状況判断ができないのだ。特に大塚は不必要に慌てるだけで、ほとんど有効なビルドアップができなかった。もっとも、これは日曜日のゲームを見れば容易に想像がつくことで、連れてきた方のミスだ。ただ、西谷にしてもそうだが、主力が計算しにくい状況下においてすら、代わりを務められそうな人材が見当たらない。だからこそカウエだったのだろうが、スペースを埋めるカラーコーン程度の役にしか立たなかった。そうなるとギャンブルを打たない監督だけに手詰まりだ。
 できないことがわかっている現有戦力に固執するなら、新しい戦力に賭けてみてもいいのではないか。まともに練習させているのなら、タクティクスの問題はそう大きくはないはずだ。守備で戻るべきところが見えてきた以上、あとはどう攻めるか、どう点を取るか、だ。残された時間が多いわけではないし、現状を打破するためには、何かドラスティックな変化が必要だろう。

|

« 第87回天皇杯3回戦 札幌1-1(PK9-10)TDK SC | トップページ | 2007J2#45 札幌2-1草津@厚別競技場 »

Consadole2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/16726194

この記事へのトラックバック一覧です: 2007J2#44 C大阪1-0札幌@長居スタジアム:

« 第87回天皇杯3回戦 札幌1-1(PK9-10)TDK SC | トップページ | 2007J2#45 札幌2-1草津@厚別競技場 »