« 2007J2#30 仙台0-2札幌@ユアテックスタジアム仙台 | トップページ | 2007J2#32 草津0-3札幌@群馬県立敷島公園県営陸上競技場 »

2007J2#31 札幌1-1鳥栖@厚別競技場

 相手のほうが元気なのは、自明の理だ。その中であれだけ雑で、集中を欠いたプレーばかりすれば勝てる道理がない。しかも、1点取ったあとは引きこもり。水曜日に結果が出たから、またうまくいく、とでも思ったのか。すべきことをしなければ、どうなるかを思い知っただろう。失点こそ怪しげなPKだったが、ルーズボールは拾いに行かない、パスは2本以上つながらない(つなぐ気がない)、では、それがなくてもやられるのは時間の問題で、1失点で済んだのが奇跡的なぐらいだった。最後の10分だけ必死になって攻めても遅い。鳥栖にしてみれば「勝ち損ねた」と思っているに違いない。
 だいたい、PKを取られた場面にしてもダヴィが上がってきた西澤を無視して無理に突破を図って取られて、そこから速攻を食らったもの。これ以外にもダヴィはサポートがあるにもかかわらず強引で効率的ではないプレーを繰り返し、ことごとく失敗。昨年の背番号10とのポテンシャルの違いを痛感させただけだった。強引さが全て悪いわけではないが、最近のゲームでは周囲との関係がかなり改善されてきていて、コンビネーションで崩すシーンも見られるようになってきているだけにもったいなかった。
 走ることをベースにするチームが走れなければ、いいパフォーマンスは望むべくもない。今回のように走れるはずのない状況のゲームなら、もう少し起用に柔軟性があってもいいのかもしれない。

|

« 2007J2#30 仙台0-2札幌@ユアテックスタジアム仙台 | トップページ | 2007J2#32 草津0-3札幌@群馬県立敷島公園県営陸上競技場 »

Consadole2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/15930558

この記事へのトラックバック一覧です: 2007J2#31 札幌1-1鳥栖@厚別競技場:

« 2007J2#30 仙台0-2札幌@ユアテックスタジアム仙台 | トップページ | 2007J2#32 草津0-3札幌@群馬県立敷島公園県営陸上競技場 »