« サテライトリーグ 札幌4-1鹿島@宮の沢白い恋人サッカー場 | トップページ | 2007J2#27 札幌2-1福岡@厚別競技場 »

2007J2#26 札幌1-1山形@厚別競技場

 ともに蹴るだけ、片方がミスで失点し、片方が偶然で失点した、それだけだ。論評に値するモノではない。間違いないのは、エンターテインメントでもフットボールでもなかった、ということだけだ。
 休養期間が長いはずなのに相手より走れないホームチーム。コンビネーションも共通意識も存在せず偶然と幸運だけに賭けるホームチーム。一番重要なところで集中を欠いたプレーを連発するホームチーム。勝つ気がないのだから、強い相手から勝ち点が取れたことをさぞかし大喜びしていることだろう。
 味方がプレスをかけられていても誰もサポートに行かない。パスコースをつくろうともしない。蹴ったらそれっきり。初出場の新人に、たとえいい場所にいてもボールを回そうとしない。かけらほどのチームスピリットも感じられなかった。昨年までの、手前勝手な奴が集まっただけの寄せ集め集団に逆戻りだ。山形は守りやすかったことだろう。数的不利に陥る心配をすることなく、相手を囲みにいけたのだから。
 観客は日光浴をしに競技場に足を運んでいるのではない。選手はホームゲームである、ということに甘えているのではないか。後ろを顧みずに攻めるべきだ、と言っているわけではない。なぜ必要なときに必要な選択ができないのか。ダヴィや中山のことを出鱈目なボールを千金のゴールに変えることができるスーパーな選手だとでも思っているのか。曲がりなりにもプロを名乗っているのなら、周囲を見て、状況を見れば、出て行くべき場面がどこか、ぐらいわからないはずがない。それができない、というのであれば今すぐやめた方がいい。
 何かを変えなくてはならない時期が来たようだ。組織は守りだけのためにあるものではない。攻撃につなげるためのものでもあるはずだ。まして4-4-2というのは元来、柔軟性の高いフォーメーション。「負けない」ではなく「勝つ」ための方法論は無数にあるはずだ。それを提示し、ピッチ上で表現させるのが監督の仕事だ。ここを乗り越えられなければ、三浦俊也という監督の器はその程度だった、ということになる。チームの将来すら左右しかねないほどの分岐点。監督の手腕、選手の真の力量が問われるところだ。

|

« サテライトリーグ 札幌4-1鹿島@宮の沢白い恋人サッカー場 | トップページ | 2007J2#27 札幌2-1福岡@厚別競技場 »

Consadole2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/15684761

この記事へのトラックバック一覧です: 2007J2#26 札幌1-1山形@厚別競技場:

« サテライトリーグ 札幌4-1鹿島@宮の沢白い恋人サッカー場 | トップページ | 2007J2#27 札幌2-1福岡@厚別競技場 »