« 2007J2#22 札幌1-1徳島@厚別競技場 | トップページ | 2007J2#23 東京V0-1札幌@味の素スタジアム »

2007J1#17 川崎2-3磐田@等々力陸上競技場

* 切り替えが遅かった川崎。ボールを失っても突っ立っている選手が多く、相手が中盤で持っているのに最終ラインに5枚いて中盤に2枚しかいなかったり、3バックのサイドのスペースのケアを誰もしていなかったりで、必要なところに人がいないことで危険なカウンターを浴び続けた(その点がファブリシオがうまくやっていた磐田との差か)。

* 中村を1列上げたことで中盤の低い位置でワンクッション置けず、攻めに厚みをつくれなかったことも一因。その役目を果たすべき原田はボール自体集まっていなかったし、周囲の動き出しもなかったが横パスが多く、信頼を得られていない様子がありあり。我那覇を入れて中村を後ろに下げた途端に、すべきことが明確になって攻めにリズムが生まれたことが用兵の失敗を物語っている。

* 磐田の質が高かったわけでもない。立ち上がりにラッシュをかけて先制したのはプラン通りだろうが、それ以降は前からの守備はアリバイ程度だし、中盤のチェックも距離を開け過ぎでほとんど効果がない。最終ラインに人数をかけて受けていただけ。終盤は人海戦術で何とかしのいだが、1人行って外されたらそれっきり、では組織プレーとは表現し難い。ジュニーニョのゴールなぞ、いくら取られ方が悪かったからといっても、50メートルもドリブルされる間に2人しか当たりに行っていなかった。攻撃でもゴール自体は鮮やかだったが、カウンターのとき以外に意思統一を見いだすのは難しかった。選手個々の力に拠るところが大き過ぎる。

* J2と比べるとひとつのミスが致命傷になる確率が高い。そこが個力の高さだろうし、それは論理的な守備で数的優位をつくられてもボールを速く動かしたりサポートを速くしたりして打開してしまったところにも現れていた。技術的なものだけではなく、頭の回転も速くしないとやっていけない、ということだろう。

* やはり、この時期のデーゲームは選手にとって厳しい。前節がミッドウィークだったこともあろうが、暑さが明らかに影響を及ぼしていた。フットボールの質と放映権料、どっちが大事なのか。ましてJ2の13時キックオフなど、正気の沙汰とは思えない。

|

« 2007J2#22 札幌1-1徳島@厚別競技場 | トップページ | 2007J2#23 東京V0-1札幌@味の素スタジアム »

Other Football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/15533495

この記事へのトラックバック一覧です: 2007J1#17 川崎2-3磐田@等々力陸上競技場:

« 2007J2#22 札幌1-1徳島@厚別競技場 | トップページ | 2007J2#23 東京V0-1札幌@味の素スタジアム »