« 2007J2#10 札幌4-3東京V@札幌ドーム | トップページ | 2007J2#13 草津2-1札幌@群馬県立敷島公園県営陸上競技場 »

2007J2#12 札幌1-0愛媛@札幌ドーム

 魅力的であるかどうかは別として、悪いゲームではなかった。プレス、ポジショニングとも的確で、ある程度相手のしたいことをさせないようなディフェンスができていたし、セカンドボールもよく拾えていた。攻撃でもトップのレスポンスが悪くて(相手の圧力も強かった)ボールが収まらないのなら、サポートを速くして崩そうとする意図が見えた。
 魅力的でなかったのは、そこから先だ。前半途中からほとんどゲームを支配していて、いつ点が入ってもおかしくないような雰囲気もあった。後半早くの交代策も相手に傾きかけていた流れを引き寄せた。それを無に帰したのは敵陣深い位置でのイージーミスの連発。余裕があるのにあれだけトラップミス、パスミス、連携ミスを繰り返せば入るものも入らない。結局ゴールは個人の力(と相手のミス)で奪ったもの。ため息と襲ってきた睡魔の数だけチャンスの芽はあっただけに、もったいないことこの上ない。こういった戦い方を選択している以上、チャンスを生かし切るだけの質を伴ったプレーをできないと取れる勝ち点を失うことになってしまう。もっと精度を上げていかないといけない。
 また、後半の半ば以降は中盤の運動量が落ちたことによってプレッシャーが弱くなり、殴り合いのような形になってしまった。それでとどめを刺せればいいが、そのために人数をかけて前に出て行こう、というチームオーダーではないので、どちらかといえば受けてしまうことになる。得点した時間帯にしても、その少し前から愛媛が勢いを増してきていた。代える対象を変更したとはいえ、用意していた大塚を投入するまで得点後10分も待ったのは解せない。早めに運動量とマークの強さを補っておけば、もっと容易に相手の勢いを止められたのではないか。
 ここ数試合、特に前の方の選手のコンディションが落ちてきているようだ。それをネガティヴな材料にしないためにも、このゲームで砂川と石井が流れを引き戻したように、ここまでベンチやスタンドにいた選手の働きが重要になってくるはずだ。いつ出番がきてもいいように、準備を怠らないでいてほしい。

|

« 2007J2#10 札幌4-3東京V@札幌ドーム | トップページ | 2007J2#13 草津2-1札幌@群馬県立敷島公園県営陸上競技場 »

Consadole2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/14878994

この記事へのトラックバック一覧です: 2007J2#12 札幌1-0愛媛@札幌ドーム:

« 2007J2#10 札幌4-3東京V@札幌ドーム | トップページ | 2007J2#13 草津2-1札幌@群馬県立敷島公園県営陸上競技場 »