« 2007J2#2 札幌1-0鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2007J2#4 札幌0-0湘南@札幌ドーム »

2007J2#3 徳島0-3札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場

 60分ぐらいまではスモールフィールドを保って相手が使いたいスペースに網を張り、セカンドボールも支配して何もさせていなかったが、こちらも何もしていなかった。アウェイでの戦略としてはやむを得ないものではあろうが、この強風、しかも風向がクルクル変わる中でロングボール一辺倒ではとても生産的だとはいえない。「まずトップに当てる」「行けそうなら行く」という方針が徹底されていたのだろうが、前者はともかく(質は低かったが)後者は自重が過ぎたためトップが孤立する場面が多くなり、ほとんど攻め手がなかった。また、当てたのはいいけれど、ポストが雑だったり受け手がサイドにしかいなかったりで形にならない場面も数多くあった。アウェイでこういう戦い方を常にするのであれば、出ていい局面、そうではない局面の共通認識を確立し、その局面ごとにどう攻めるのか、どうリスクマネジメントをするのか、明確にしておかないとただのルーティンの繰り返しになってしまい、フットボールではなくなってしまう。もっと自分たちで判断して、メリハリをつけていってもいいのではないか。
 また、2点目を取ってからしばらくの間は本当に何もしていなかった。ただ下がって、相手の攻撃を受けるだけ。それも受けようと思って受けているのならともかく、意図もなくズルズル下がっているだけの最悪のパターン。これで何度痛い目に遭っているのか。多分にラッキーだった3点目がなければどうなっていたかわからない。また、ゴール前でスクランブル状態のときに発生したルーズボールに対して足を止めてしまい、フリーで打たれる場面も何度かあった。いい加減、危ない場面で足を止めればどうなるのかぐらい覚えてほしい。
 もっとも、1点目、2点目は、起点の選手がフィニッシュするショートカウンター、ボールと逆サイドの選手がCFのつくったスペースに飛び込んでシュート、とまさに狙っていた形だろう。前監督時代に叩き込まれた「必要なところに必要な人数が出て行く」攻め方が生かされていた。この脅威をチラつかせながら、トップに当てて組み立てていくときの精度-クサビや落としの質、サポートの速さ、ポジショニング-も高めていけば幅が広がるし、相手に与える怖さも倍増する。守備が属人的なミスを除けば形になってきていることを考えれば、このあたりをブラッシュアップしていくことでチームは完成に近づくだろう。

|

« 2007J2#2 札幌1-0鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2007J2#4 札幌0-0湘南@札幌ドーム »

Consadole2007」カテゴリの記事

コメント

1点目、2点目のあたりは、去年の攻撃サッカーを彷彿とさせましたね。
悪いところばかりがどうしても目に付いてしまいますが、だんだんいい感じになってきていると思うのは甘いでしょうか。
去年までの柳下サッカーのいいところと、ことしの三浦サッカーのいいところがうまく融合できれば、このチームの目指す形ができるのでしょうね。

投稿: ゆり | 2007年3月17日 (土) 22時11分

>ゆりさん
全然悪くない、と思いますよ。世間の評判はえらく悪いですが(苦笑)
特にディフェンスがこの時期にこれだけソリッドにできることは、予想外です。攻撃がかみ合わないのは、選手に意図が見られるので時間が解決してくれると思います。

投稿: 管理人 | 2007年3月17日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/14293613

この記事へのトラックバック一覧です: 2007J2#3 徳島0-3札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場:

« 2007J2#2 札幌1-0鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2007J2#4 札幌0-0湘南@札幌ドーム »