« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

05-06 UEFA Champions League 1st knockout round #1

Chelsea 1-2 Barcelona
*昨年の轍は踏まなかったバルサ。サイドバックの上がりを控えめにし、中盤でボールを失っても最終ラインにはしっかり人数が残っていた。オレゲルが彼にしては珍しく地に足が着いておらず、再三ロッベンらに破られたが、最後の一線だけは越えさせなかった。

*チェルシーにとって1人減ったことで痛かったのは、前線からのプレスを放棄せざるを得なかったこと。バルサは選手交代によってプレッシャーのかからない位置にロナウジーニョとエトオを移し、その穴を突いた。まさに決勝点はこの2人が絡んだもの。しかも自陣からのカウンターだったとはいえ、最後にクロスを上げたのはCBのマルケス。リスクを恐れず攻める、バルサのフットボールの真髄とも言えるゴールだった。

*2点以上が必要なカンプ・ノウでモウリーニョはどう出るか。狙いはいつも通りのショートカウンターだろう。ただ、プレッシャーの速さや勢いは普段とは違うかもしれない。それにバルサがどう対応するか。いなしながら、先に得点を挙げるようであれば、さすがのブルーズといえども白旗を掲げざるを得なくなるはずだ。

Bremen 3-2 Juventus
*攻撃は最大の防御。ブレーメンはそれを体現してみせた。繰り返されるポジションチェンジに分厚いサポート。人数をかけて守っているはずのユーヴェの選手が次々と引っ張り出され、そこここにスペースが生まれる。そこへの反応もブレーメンの選手は速く、特に前半はシュートやクロスを雨あられと浴びせかけた。賞賛すべきは、その姿勢を90分間貫き通したこと。運動量も最後まで落ちなかった。

*2列目からの飛び出しで、オフサイドトラップと浅いラインを攻略しようとしたユーヴェ。実際に何度か裏に抜ける形をつくり、得点も挙げた。しかし、ロングボールを多用するカペッロ流では一発の恐怖以外は与えられない。結局、相手のミスを狙うような思想だけでは攻めることもおぼつかず、見苦しい手を使いながら守り倒すこともできなかった。お得意の形を全否定されたような負け方が次の試合にどう影響するか。

*ブレーメンは最終ラインに少なからぬ不安を抱えている以上、次の試合ではアドヴァンテージを守りに入るよりこの日と同様に前から仕掛けてどんどん攻めていくしかない。攻め切ってしまえばカウンターを食らう心配もない。それを狙っているユーヴェにとっては最も望ましくない形だろう。グループリーグのカンプ・ノウでバルサを殴り倒しにいった、あの気迫をまた見せてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05-06 UEFA Champions League 1st knockout round #1

Bayern Munich 1-1 AC Milan
 バイエルンにしてみれば、素晴らしいプレッシングで一方的にゲームを支配し、ミランの中盤や最終ラインも明らかに集中を欠いていた前半のうちにもう1点取っておきたかった。プレスと飛ばし過ぎは裏表。まして1点差の緊張感の中では…。案の定、後半に入ると足が止まり、追いつかれてからはミランにボールを渡してもらえず、焦りからベンチの意図とは全く違う放り込みを繰り返すのみ。普段のリーグ戦ではまず見せることのない姿を見せてしまった。このレベルの試合でペース配分を間違うとやはり厳しい。

Benfica 1-0 Liverpool
 立ち上がりからロングボールの連発で、攻撃に人数をかけることもなく腰の引けたプレーに終始したリヴァプール。引き分け狙いであったにせよ、あまりに覇気のないプレーをしたツケを最後に払わされた。ベンフィカにしても、勝たなければならない試合であるにも拘らずかなりの時間帯を守備的に戦った上、攻撃面でも連動性、精度ともに欠いており、相手の堅陣を崩すような要素を見出すのは難しかった。アンフィールドで「本気」のリヴァプールを相手にこのリードを守り切るのは、相当な困難を伴うことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »