« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

FIFA Club World Cup Japan 2006 Final:Sport Club Internacional 1-0 FC Barcelona

 これしかない、という戦い方を貫き通したインテルナシオナルを称えるべきだ。立ち上がりこそ個人技に幻惑されて中央でフリーにする場面が見られたが、それを凌ぎ切ると中央をしっかりと固め、バイタルエリアに入ってきた敵の選手には二重、三重のマークを施して満足なプレーをさせない。その上、押し込まれているのに深い位置で無駄なファウルをほとんどしない。相手の重要な武器であるFKを与えない、という意図が徹底されていた。
 当然、攻め手はカウンターしかないのだが、たとえ2人しかいなくても高い技術を生かしてボールを失わないし、動きも的確でフィニッシュまで持ち込んでしまう。場合によっては数的優位をつくるべく後方からでも迷うことなく攻めに加わる。得点の時も完全に3対2の形をつくっていた。ボールこそ支配されていたが、インテルのゲームだった、といっていいだろう。昨年のサンパウロに続き、攻撃だけではない、サッカー王国の奥深さを見せつけられた。
 一方、バルセロナはやはり完調ではなかった。動きの量が少ないのでボールが動かず、足元、足元になってしまって攻撃にダイナミズムが生まれない。また、普段通りのプレーができていた選手とそうではない選手がはっきりと分かれているようでは勝ち目はあるまい。内容と結果だけを見てモチベーションを云々するのは失礼に当たるかもしれないが、インテルのフェルナンドンのように足がつるまで走り回り、戦った選手が見当たらなかったこともまた事実だ。少なくとも、チャンピオンズ・リーグのブレーメン戦ほどの気迫を感じ取ることはできなかった。アメリカ戦のようにプレッシャーが緩ければいいプレーができる、というのではその辺のチームと変わらない。「世界最強」の名にふさわしいプレーの片鱗程度しか見られなかったのは残念だった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIFA Club World Cup Japan 2006 Match for 3rd place:Ahly Sporting Club 2-1 Club América

 勤勉なアリが、キリギリスを上回った、とでも言おうか。アハリの選手は、最後まで前からボールを追いかけ続け、足を止めなかった。そこから何ができるか、という点ではクサビを入れる、拾う以外にアイディアに乏しい上、精度も動きの質も低く、イージーミスでボールをプレゼントすることも多かったが、セットプレーとカウンターをうまく生かした。2点目などはアメリカの選手の足が完全に止まったところを突いたもので、コンディションの差が現れていた。
 アメリカは個々の技術が高く、特に前半はゆっくりとしたパス交換からゴール前で見せる急激なコンビネーションのスピードアップ、ボールホルダー以外の選手の動きの質で完全にアハリの最終ラインを上回っており、数多くチャンスをつくった。ただ、そこで決められずにかなり早い時間から動きが落ち始め、後半も半ばを過ぎると足元でボールをもらいたがる場面ばかりが目立って攻めが滞ってしまった。前の選手がスペースを突く動きをしても、中盤の選手はボールしか見ておらず、勝ち越されてからは焦ってミスを連発する。唯一のゴールが鮮やかなカウンターだったのは皮肉だとしか言いようがない。バルサ戦で見せたような縦に速い攻めをもっと織り交ぜることができれば、負ける相手ではなかったはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »