« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

05-06 UEFA Champions League Semifinal #2

Villarreal 0-0 Arsenal (aggregate 0-1)
 1st legとは正反対の展開。いくら守備に重心を置いていたとはいえ、ヴェンゲルもここまで何もさせてもらえないほど押し込まれることは想定していなかったに違いない。アーセナル側から見れば勝因はこの試合が相手FWの日ではなかったこととレーマン、ということになろうか。ビジャレアルでは、ハビ・ベンタなどは何度もいいクロスを供給していたし、サイドにもっと人をかけて厚く攻めることができればより多くのチャンスをつくれていたはずだ。リケルメの存在は確かに絶大だが、中央ばかり攻めていたのでは、どこかで限界が来る。実際、リケルメが消えるとともに攻撃が止まってしまった。プレッシャーからか、普段ほどの人の動きがなかったことが響いた。

Barcelona 0-0 AC Milan(aggregate 1-0)
 バルサのディフェンスが素晴らしかった。引いて守るのではなく、高い位置でボールホルダーに対して常に数的優位を保ち、攻撃を加速させられるようなパスコースを消して横や後ろに出させる。それをカウンター要員のロナウジーニョ以外の全員が寸秒たりとも怠ることなく、最後まで続けた。全員が同じ絵を描き、ハードワークを怠らない。チームディフェンスのお手本、最高峰、といっても過言ではないだろう。クロスに対しても確実に体を寄せてフリーの選手をつくらなかった。ミランも素晴らしい気迫をもって、普段以上に攻撃的に得点を狙う姿勢を見せていたが、これを破るのは難しかった。そもそも、彼らでなければチャンスをつくることすらままならなかったに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場

 確かに、失点はいずれもあり得べからざるミスによるものだった。しかし、これはあくまで属人的な問題。いずれも昨季から何度も同様のミスを繰り返し続けてきた者であり、彼らにもベンチにも学習能力がない、というだけのことだ。
 それより、削って蹴るしか能のない相手に対応策を見いだせず、蹴るだけのサッカーにお付き合いしてしまったことの方がよほど問題だ。特に後半はチャンスらしいチャンスをつくることができなかった。これでは相手の思うツボである。何を怖がっていたのだろうか。普段やっていることをそのまま表現できていれば、恐れることなどない相手だったはずだ。
 いいときはいい、悪いときは悪い、では長いシーズンで安定した成績を収めることなど望めない。特にメンタリティーの弱さ、不安定さが目に付くゲームが多い。戦えない者、自分たちのフットボールに自信の持てない者は必要ない。ベンチも悪い状況を打開するような交代策ができていない。人がいないことを言い訳にはできまい。育てられないのは自分たちの責任だからだ。

選手寸評
 
MF#19  関隆倫
 毎度毎度同じことを書きたくはないのだが、全てにおいて判断が遅く、ポジショニングも中途半端。何をやりたいのか判然としないままだった。代わりがいないというのであれば、他の選手のコンバートも検討すべきだ。それぐらいここ数試合の質は低い。

FW#13 中山元気
 走れない、体も張れない、では出てきた意味がない。コンディションがいいようには見えなかった。本人以上に使った方に責任がある。確かに相川は外し過ぎたが、それだけ好機に顔を出していた、ということでもある。スケープゴートにするかのような交代には疑問を感じる。それなら、なぜ交代枠が余っているのに関を代えなかったのか、ということになりはしないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »