« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

2006J2#1 鳥栖0-1札幌@鳥栖スタジアム

 立ち上がりから、札幌は鳥栖が前線から凄まじい勢いでプレスをかけてきたこともあってボールを前に運ぶことができない。FWにボールが入ってもフッキや石井には2枚、3枚の厳重なマークが付いており、ボールが収まらず攻撃の形がつくれない。もっとも、昨年までとは違って詰まったらドカ蹴り、ではなく回しながらタイミングを計って縦に入れてスピードアップを図ろう、という意識は見られた。
 鳥栖は明らかに飛ばし過ぎで、前半途中からはスペースもできてきてある程度ボールが動かせるようにはなったが、今度はトップと後ろの選手の距離が開き過ぎたり、トップ同士の距離感が悪かったりでチャンスにならない。結局、こんな状態が試合終了まで続くことになった。後列の選手にスペースに出て行こう、という意思が希薄だった上に、どこに欲しいのか、いつ欲しいのかなど選手間のコミュニケーションが取れていなかった。これではどこが相手でも崩せるわけがない。どんな戦術を採用しようとも、ハードワークが求められることは変わらないはずだ。キャンプの疲れがあったのかもしれないが、前に出る気持ちぐらいは見せてほしかった。
 一方、守備では常に数的優位をつくる動きができており、鳥栖が狙いとする、高い位置で奪っての速攻はさせていなかった。ただ、フィジカル・ゲームに巻き込まれてしまったせいで中盤でボールを落ち着かせることができず、慌てるような形でボールを出すことが多くなり、こちらも奪ってから素早く押し上げて攻めることはできていなかった。圧力の中でこれを可能にするためには個々のポゼッション力を上げるとともに、適切なポジショニングとサポートが必要になってくる。一朝一夕にできることではないにせよ、ステップを上がるためには間違いなく必要なことだ。やはり、読み、予測の向上は欠かせない。戦術眼をもっと磨いてほしいものだ。
 とりあえず、最も重要な結果だけは手にした。ただ、内容の伴わない結果が長続きするはずもない。勝ち続けるために必要なものは何か。この日のようにハードワークを怠ったり、最終ラインの選手がリスキーなプレーを連発しているようでは覚束ないことだけは間違いない。各選手とも、メンタル、フィジカルで修正すべき点は山ほどあるはずだ。次節までの間にどれだけ克服できるか。

選手寸評

MF#16 大塚真司
 中盤での潰し、最終ラインのカバー、正確かつ的確なつなぎ。いるべき場所には必ず顔を出し、このポジションの選手に求められるタスクを完璧にこなした。加賀や和波が前で勝負できたのも彼の存在あってこそ。彼の働きがなければこの日の中盤は崩壊していたに違いない。まさに不可欠な存在。カードや負傷にはくれぐれも注意してほしいものだ。

MF#19 関隆倫
 守備面での不安を露呈した。ポジショニングが悪い、一歩は遅い、当たりも軽いと何一ついいところがなく、再三対面の山城に突破を許し、和波に多大な負担を強いた。攻撃面でも判断が悪く、決定的な仕事はおろかクロスの供給すらままならなかった。
 
FW#9 石井謙伍
 やたらと背負って足元でもらいたがってはあっさり失うことを繰り返し、攻撃の基準点となることができなかった。自分がどんなプレーで光るのかを完全に見失っているように見えた。また、相方がどんな動きをしているのかまったく視野に入っておらず、必要なところにポジションを取ることもできていなかった。大抜擢だったが、時期尚早だったようだ。

FW#10 フッキ
 ダブルマーク、トリプルマークに遭っていたにもかかわらず強引な突破ばかりが目立ち、周囲を使おうという意識は低かった。アピールの意識が強過ぎたのと、サポートが乏しかったことが原因ではあろうが、機能するかどうかに一抹の不安を残したのもまた事実。突破からフィニッシュまで自己完結できるのなら大いに結構だが、それができないのならもっと周りも見てほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »