« 2006J2#52 札幌0-2鳥栖@札幌ドーム | トップページ | FIFA Club World Cup Japan 2006 Match for 3rd place:Ahly Sporting Club 2-1 Club América »

第86回天皇杯5回戦 札幌2-2(PK8-7)新潟@フクダ電子アリーナ

 本当なら、90分で勝負をつけていて然るべきだった。それほど新潟の出来は悪かった。攻守の切り替えが遅く、ボールが取れれば広大なスペースが用意される。最終ラインのポジショニングも悪く、そこいら中にギャップをつくってゴール前に侵入する余裕を与えてくれる。致命的なパスミスも数多く、決して出来が良かったわけではないこちらが強豪チームに見えるほど。決めるべきところで決めて、下らないミスを繰り返さなければ楽々次のステージに進んでいたはずだ。
 また、札幌には点を取った後に気を抜くというか、休む時間帯が見られた。ここで相手にリズムを渡してしまい、自分たちのプレーができなくなったあたり、ここ数シーズンの教訓はまったく生かされていない。最後の局面で(佐藤のミス2つ以外は)集中を切らさなかったことと、新潟の攻めがアイディアとコンビネーション、運動量を欠いており、押し込んでも単純なクロスや可能性の低いミドルに終始したことに救われたが、もっと強い相手ならその時間帯で大量失点を食らっていてもおかしくはなかった。もっと前に出て、出鱈目に蹴らずに自分たちのプレーをすることがこのチームが守り切る最善の策である、ということをいいかげん理解すべきだ。
 もっとも、追いつかれて精神的にリセットされた後はすべきことができており、PK戦に至るまで臆することなくプレーしていた。やはり気持ちが守りに入るといいことはない。逃げない、前に出る。それでこそ「アクション」を名乗る資格があるのだ。失うものはない。次の甲府も前向きに攻めてくるチームだ。こちらもそれ以上に攻める気持ちを忘れないでほしい。

|

« 2006J2#52 札幌0-2鳥栖@札幌ドーム | トップページ | FIFA Club World Cup Japan 2006 Match for 3rd place:Ahly Sporting Club 2-1 Club América »

Consadole2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/13000103

この記事へのトラックバック一覧です: 第86回天皇杯5回戦 札幌2-2(PK8-7)新潟@フクダ電子アリーナ:

« 2006J2#52 札幌0-2鳥栖@札幌ドーム | トップページ | FIFA Club World Cup Japan 2006 Match for 3rd place:Ahly Sporting Club 2-1 Club América »