« 2006 FIFA World Cup:勝手にBest11 | トップページ | 2006J2#28 鳥栖4-0札幌@鳥栖スタジアム »

2006J2#27 札幌2-1柏@厚別競技場

 いいゲームができた。最初から集中力が高く、西嶋や金子がよく走って常に数的優位、最低でも同数を保つ守備ができていた。不可解な判定で(あれがイエローに相当するなら、柏の選手にも2枚目が出てしかるべきプレーがあった)1人失った後も集中は切れることがなく、フェアプレー精神に反する行為までして仕掛けてきた柏のパワープレーを冷静に中央ではね返し続けた。数少ない集中の切れたプレーで失点したあたりは札幌らしいといえば札幌らしいが、それ以外は流れの中でもセットプレーでも概ねマークは確実で、危険な外国人には無理に取りに行かず、縦を切って加速させずに出させて狙う、など的確なディフェンスができていた。
 攻撃でもボールを奪ったら前の選手がスペースへ動き出してピッチを広く使う、という意識が徹底されており、過去2試合で酷いプレーに終始した2トップも運動量が多く、プレッシャーもかけていたしボールを収めることができていた。ただ、フッキの退場後に意図不明なクリアともパスともつかないようなボールが増え、ことごとく相手に渡していたことは反省材料。石井が体を張って奮闘したこともあって大事には至らなかったが、もしそれがなければ波状攻撃を受けて守備が決壊していたかもしれない。こういった状況で、フリーなのにあさっての方向に蹴っているようでは危険極まりない。せめて味方のいる場所ぐらいは把握していてほしいものだ。
 この勝利で、日曜日のゲームの重要度はさらに増した。このチームは、過去に何度もいい流れを慢心や調整ミスで失ってきている。同じ過ちを繰り返すことは許されない。幸いなことに、普段より調整に当てられる時間は1日長い。いい気にならぬよう、勢いだけを持って鳥栖に向かってほしい。 

|

« 2006 FIFA World Cup:勝手にBest11 | トップページ | 2006J2#28 鳥栖4-0札幌@鳥栖スタジアム »

Consadole2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/10916705

この記事へのトラックバック一覧です: 2006J2#27 札幌2-1柏@厚別競技場:

« 2006 FIFA World Cup:勝手にBest11 | トップページ | 2006J2#28 鳥栖4-0札幌@鳥栖スタジアム »