« 2006 FIFA World Cup Final:Italy 1-1(PSO 5-3) France | トップページ | 2006J2#27 札幌2-1柏@厚別競技場 »

2006 FIFA World Cup:勝手にBest11

■GK
Gianluigi Buffon(Itary#1)
世界最高のGKであることをあらためて証明した。再三の好セーブもさることながら、クロスやスルーパスへの対応もパーフェクトだった。

■DF
Fabio Cannavaro(Itary#5)
速さ、瞬発力、読みがハイレベルで融合し、素晴らしい集中力もあいまって何度となく信じられないようなカバーリングやボール奪取を見せた。クロスに対するポジショニングも良く、身長のハンディをまったく感じさせなかった。

Lilian Thuram(France#15)
衰えない身体能力に予測力でことごとくラストパスをはね返し、相手にフットボールをさせないことを貫いた堅守の中心軸となった。

Miguel(Portugal#13)
アップダウンを繰り返すスタミナとスピード、強さ。猛烈なアップダウンで右サイドを制圧し、攻撃に厚みを加えた。それだけに準決勝での負傷退場はポルトガルにとって痛恨だった。

Fabio Grosso(Itary#3)
機を見たオーバーラップでチャンスに絡み、正確な左足は貴重なゴールをも生み出した。試合終盤になっても上がっていける状況判断のよさがオーストラリア戦を筆頭に目立った。

■MF
Andrea Pirlo(Itary#21)
前後に大きく動きながらよくボールに触り、正確な中長距離のパスを、しかもほとんどノーミスで散らすことでリズムをつくった。正確なプレースキックも大きな武器となった。

Gennaro Gattuso(Itary#8)
走り過ぎて死ぬのではないか、と思わせるような運動量で中盤のディフェンスから最終ラインのカバーまでこなし、攻撃の起点としてすら機能していた。ピルロが働けたのは彼の存在あってこそ。

Javier Mascherano(Argentina#8)
バイタルエリアの危ないスペースをことごとく埋め、しかもファウルをせずにボールを奪える。プレッシャーを受けてもボールを失うことは少なく、つなぎも確実にこなした。

Maxi Rodriguez(Argentina#18)
再三見せた前線への飛び出しやメキシコ戦のスーパーゴールが印象的だが、それ以上に攻守にわたって献身的に走り回り、周囲の選手の仕事量を軽減したことが重要だった。

Franck Ribery(France#22)
チームに馴染むにつれ、動けないジダンのためにマルダとともにハードワークをこなし、縦のみならず斜めへの飛び出しも駆使してカウンター時の脅威となり続けた。

■FW
Miroslav Klose(Germany#11)
普段クラブでしているようなプレーを発揮し、周囲を使いながら自らも得点を量産した。十八番の圧倒的なヘディングよりも、ポジショニングや動き出しの良さが光った。

|

« 2006 FIFA World Cup Final:Italy 1-1(PSO 5-3) France | トップページ | 2006J2#27 札幌2-1柏@厚別競技場 »

WorldCup2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/10892415

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 FIFA World Cup:勝手にBest11:

« 2006 FIFA World Cup Final:Italy 1-1(PSO 5-3) France | トップページ | 2006J2#27 札幌2-1柏@厚別競技場 »