« 2006 FIFA World Cup Round of 16#4 | トップページ | 2006J2#25 湘南2-1札幌@平塚競技場 »

2006 FIFA World Cup Quater-finals#1

Germany 1-1(PSO 4-2) Argentina
 緊迫感が全く途切れることがなく、最後まで誰一人ハードワークを怠らない高レベルの内容だった。それだけに残念だったのはアルゼンチンが下がり過ぎてしまったこと。自分たちが先制した直後、相手が出てきた時間帯にセンターハーフが2枚とも最終ラインに吸収されてしまってはバイタルエリアを蹂躙されるのも当然だし、基本的にゴリ押しの中央突破しか選択肢がなかったドイツにサイドも使う余裕を与えることにもつながった。まさか、前半から飛ばし過ぎて足が止まったわけではないだろうが…。
 交代策も相手に火がついてしまってからのもので、完全に後手を踏んでしまった。クリンスマンはそれを見ながら、前への推進力のある選手を「燃料」とすべく投入して完全に流れを我が物とした。ベンチワークの差も明暗を分けた、といっていいだろう。

Italy 3-0 Ukraine
 ウクライナにしてみれば、開始早々に中盤の後ろのスペースのケアが甘く、簡単にザンブロッタに先制されたのがすべてだったかもしれない。その後、前半はイタリアの前線からのプレスになす術もなく、掌の上で走り回らされるだけ。後半に入って攻めに人数をかけ出したことによって相手にマークのずれが生じて何度か決定機を得たが、外した直後のセットプレーで失点するなど最後まで流れをつかみきれなかった。
 イタリアは守備ベースではあるが、ボールを持った時にいいタイミングで後ろから次々と人が飛び出してきて、そこに少ないタッチ数でパスがつながる攻撃は威力十分。ハイスピードで人もボールも動くため、この試合ではわずかなずれが生じたことで成就しないことも多かったが、攻め切ることがディフェンスにもつながる、という意識は十分にみられた。お家芸の守備でも走れなくなったら無理にプレスに行かず、パスコースを切りながらリトリートしてスペースを消すあたりは見事だった。

|

« 2006 FIFA World Cup Round of 16#4 | トップページ | 2006J2#25 湘南2-1札幌@平塚競技場 »

WorldCup2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/10742158

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 FIFA World Cup Quater-finals#1:

« 2006 FIFA World Cup Round of 16#4 | トップページ | 2006J2#25 湘南2-1札幌@平塚競技場 »