« 2006 FIFA World Cup Quater-finals#2 | トップページ | 2006 FIFA World Cup Semi-final:France 1-0 Portugal »

2006 FIFA World Cup Semi-final:Italy 2-0 Germany

 中2日にもかかわらず双方とも前半から中盤でプレッシャーを掛け合い、互いのゴール前を往復する展開だったため後半早々に足が止まる。そうなると前線が1人のイタリアより、2人いるドイツの方がサポートを必要としないコンビネーションで崩せるチャンスは多くなる。実際、クローゼとポドルスキは距離感、位置関係とも抜群で、2人だけでもチャンスをつくれるし、2人にDFが集中して空いたスペースにサイドの選手がフリーで走り込んでできたチャンスも相当あった。ポゼッションはイタリアだったかもしれないが、決定機自体はドイツの方が多かったはずだ。それだけにシュートの精度を欠いたことが響いた。
 イタリアは特に前半、ピルロがフリーでボールを持つ機会が多かったが、トニやトッティがハードマークに遭っていたため縦に入れられず、裏を狙うパスばかりで攻めにメリハリを欠いた。後半はカウンターに出る体力すら残っていなかったようで、失点を防ぐのが精一杯。流れを変えたのは交代で、延長で入ったイアキンタやデル・ピエロが高い位置を保ってボールを引き出し、ジラルディーノも含めたコンビネーションでチャンスをつくり出す。2点目もこの形だったし、彼我の状態を計算し尽くした完璧な交代策だった。姿を消していたクローゼを引っ張り過ぎたドイツとのベンチワークの差が明暗を分けた、といっていいのかもしれない。

|

« 2006 FIFA World Cup Quater-finals#2 | トップページ | 2006 FIFA World Cup Semi-final:France 1-0 Portugal »

WorldCup2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/10799575

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 FIFA World Cup Semi-final:Italy 2-0 Germany:

« 2006 FIFA World Cup Quater-finals#2 | トップページ | 2006 FIFA World Cup Semi-final:France 1-0 Portugal »