« 2006J2#21 札幌4-2徳島@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#23 横浜FC1-2札幌@三ツ沢公園球技場 »

2006J2#22 仙台0-2札幌@ユアテックスタジアム仙台

 極めて論理的な勝利である。中田英寿の言葉を借りるまでもなく、フットボールはより走った方が勝つようにできている。札幌の選手は数的優位を確保する、ボールへの働きかけを怠らない、などハードワークを続け、仙台の選手の動きはいいとは言えなかった。結果、仙台の中盤に広大なスペースが出現したため、札幌はほとんどのセカンドボールを支配し、そこから攻撃を仕掛けることができた。それも前節までの決まった人間しか関与しない単調なものではなく、ポジションチェンジ、フリーランなどを絡めて有効な崩しができており、精度が低かったため得点にこそならなかったが、フィニッシュの意識も高かった。
 また、終盤に電池切れを起こしてラインが下がりがちになる時間帯にも、下がりっ放し、蹴りっ放しになるのではなく前線でキープする、折りを見てプレスをかける、などのプレーができていたことが決定的な2点目につながったし、最後まで走り切れるだけの余裕を守備陣に与えることになった。選手交代も従来のような同じ場所の人間を入れ替えるだけの機械的なものとは異なり、論理的かつ的確なものだった。
 守備では、前回の対戦と同様に仙台の攻撃は基本的に外国人へのロングボール。ターゲットがロペスかボルジェスかでボールの高さが違うだけだった。こういった攻撃は集中さえ切らさなければ跳ね返すことはそう難しくない。事実、立ち上がりに最終ラインの対応が甘く何度かピンチがあった以外は、終盤になるまでほとんど抑え込むことができていた。もっとも、札幌のディフェンスが苦手とするクロスや後列からの飛び出しを仙台がほとんど試みてこなかったので集中しやすい条件が揃っていた、と考えることもできる。今後はこういった攻撃に対してもこの試合のような集中力を発揮できるかが問われることになる。

|

« 2006J2#21 札幌4-2徳島@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#23 横浜FC1-2札幌@三ツ沢公園球技場 »

Consadole2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/10570323

この記事へのトラックバック一覧です: 2006J2#22 仙台0-2札幌@ユアテックスタジアム仙台:

» 第22節 対仙台戦 [JBA事務所-札幌分室]
2連勝です!! 歓喜の内容のブログさんが多くて、とてもうれしいです!! 今週は水曜日にも試合で、相変わらず厳しい日程ですが、この勢いを継続して、どんどん勝ってほしいですね! 仙台戦のPckUpBlogです。 【コンサドーレ札幌】 ■コンサな徒然草#最高だ!! ... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 19時35分

« 2006J2#21 札幌4-2徳島@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#23 横浜FC1-2札幌@三ツ沢公園球技場 »