« 2006J2#9 札幌4-1湘南@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場 »

2006J2#10 徳島0-0札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場 

 動けないなりにスペースへボールを動かすことはできていた。ただ、その過程で動き出しが遅かったり動く距離が少なかったりで、一歩届かない、ボールコントロールを失う、などのミスが多発した。また、徳島が常に後ろに人数を残して守備的に振る舞ったことも試合を難しくした。もっとも、それは札幌の運動量を要求されるフットボールでは日程的に対応することが難しかっただけ。動けないものは仕方ない。不可抗力について選手を責めることはできない。そんな状況下でも決定機はいくつかつくることができたし、決められなかったことを除けばそう悪い内容ではなかったのではないか。
 守備でも、立ち上がりこそセットプレーなどでマークが見えていない場面が見られたが、全般的には羽地へのクサビに対して前を向かせないようなディフェンスができていたし、徳島が多用してきたロングボールのこぼれ球への対応も、後半は概ね数的優位を確保してしっかりできていた。相手のプレーが精度を欠いたことに助けられた側面も大いにあるが、こういったゲームを無失点で乗り切ったことは評価すべきだろう。昨年までの札幌なら、集中を欠いてどこかで致命的なミスを犯して失点していてもおかしくなかった。
 48試合もあれば、こんなゲームは必ずある。そこを取りこぼさずに乗り切れたことをポジティヴに捉えるべきだろう。次への影響を残さないように調整して、土曜日にしっかりしたゲームを見せてくれれば、それでいい。

選手寸評

MF#19 関隆倫
 広大なスペースが目の前にあったにもかかわらず、必ず止まってボールを受け、周囲の動き出しが遅かったことを割り引いてもそれ以上に判断が遅く、しかもキックの精度を欠いて何度も好機をふいにした。そろそろ有効な働きができないと他の選手に取って代わられる瀬戸際、ということになるだろう。

|

« 2006J2#9 札幌4-1湘南@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場 »

Consadole2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/9661369

この記事へのトラックバック一覧です: 2006J2#10 徳島0-0札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場 :

« 2006J2#9 札幌4-1湘南@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場 »