« 2006J2#10 徳島0-0札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場  | トップページ | 05-06 UEFA Champions League Semifinal #2 »

2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場

 確かに、失点はいずれもあり得べからざるミスによるものだった。しかし、これはあくまで属人的な問題。いずれも昨季から何度も同様のミスを繰り返し続けてきた者であり、彼らにもベンチにも学習能力がない、というだけのことだ。
 それより、削って蹴るしか能のない相手に対応策を見いだせず、蹴るだけのサッカーにお付き合いしてしまったことの方がよほど問題だ。特に後半はチャンスらしいチャンスをつくることができなかった。これでは相手の思うツボである。何を怖がっていたのだろうか。普段やっていることをそのまま表現できていれば、恐れることなどない相手だったはずだ。
 いいときはいい、悪いときは悪い、では長いシーズンで安定した成績を収めることなど望めない。特にメンタリティーの弱さ、不安定さが目に付くゲームが多い。戦えない者、自分たちのフットボールに自信の持てない者は必要ない。ベンチも悪い状況を打開するような交代策ができていない。人がいないことを言い訳にはできまい。育てられないのは自分たちの責任だからだ。

選手寸評
 
MF#19  関隆倫
 毎度毎度同じことを書きたくはないのだが、全てにおいて判断が遅く、ポジショニングも中途半端。何をやりたいのか判然としないままだった。代わりがいないというのであれば、他の選手のコンバートも検討すべきだ。それぐらいここ数試合の質は低い。

FW#13 中山元気
 走れない、体も張れない、では出てきた意味がない。コンディションがいいようには見えなかった。本人以上に使った方に責任がある。確かに相川は外し過ぎたが、それだけ好機に顔を出していた、ということでもある。スケープゴートにするかのような交代には疑問を感じる。それなら、なぜ交代枠が余っているのに関を代えなかったのか、ということになりはしないか。

|

« 2006J2#10 徳島0-0札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場  | トップページ | 05-06 UEFA Champions League Semifinal #2 »

Consadole2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/9718305

この記事へのトラックバック一覧です: 2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場:

« 2006J2#10 徳島0-0札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場  | トップページ | 05-06 UEFA Champions League Semifinal #2 »