« 2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場 | トップページ | 2006J2#12 東京V2-0札幌@西が丘サッカー場 »

05-06 UEFA Champions League Semifinal #2

Villarreal 0-0 Arsenal (aggregate 0-1)
 1st legとは正反対の展開。いくら守備に重心を置いていたとはいえ、ヴェンゲルもここまで何もさせてもらえないほど押し込まれることは想定していなかったに違いない。アーセナル側から見れば勝因はこの試合が相手FWの日ではなかったこととレーマン、ということになろうか。ビジャレアルでは、ハビ・ベンタなどは何度もいいクロスを供給していたし、サイドにもっと人をかけて厚く攻めることができればより多くのチャンスをつくれていたはずだ。リケルメの存在は確かに絶大だが、中央ばかり攻めていたのでは、どこかで限界が来る。実際、リケルメが消えるとともに攻撃が止まってしまった。プレッシャーからか、普段ほどの人の動きがなかったことが響いた。

Barcelona 0-0 AC Milan(aggregate 1-0)
 バルサのディフェンスが素晴らしかった。引いて守るのではなく、高い位置でボールホルダーに対して常に数的優位を保ち、攻撃を加速させられるようなパスコースを消して横や後ろに出させる。それをカウンター要員のロナウジーニョ以外の全員が寸秒たりとも怠ることなく、最後まで続けた。全員が同じ絵を描き、ハードワークを怠らない。チームディフェンスのお手本、最高峰、といっても過言ではないだろう。クロスに対しても確実に体を寄せてフリーの選手をつくらなかった。ミランも素晴らしい気迫をもって、普段以上に攻撃的に得点を狙う姿勢を見せていたが、これを破るのは難しかった。そもそも、彼らでなければチャンスをつくることすらままならなかったに違いない。

|

« 2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場 | トップページ | 2006J2#12 東京V2-0札幌@西が丘サッカー場 »

Other Football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/9793555

この記事へのトラックバック一覧です: 05-06 UEFA Champions League Semifinal #2:

« 2006J2#11 札幌1-2柏@函館千代台公園陸上競技場 | トップページ | 2006J2#12 東京V2-0札幌@西が丘サッカー場 »